買い方

【ダイブコンピュータ】GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Powerのレビュー!普段使いや健康管理もしたいならおすすめ

本記事のリンクには広告が含まれています

最近、GARMIN(ガーミン)のダイブコンピュータを着けて潜っているダイバーをチラホラ見ることがあります。

「初めて買う」初心者に普段使いやダイビング以外のスポーツ、健康も管理したいなら一番おすすめするGARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Powerを実際に使って、表示の見やすさや機能の使いやすさをいろいろと試しました。

ナカモトくん

GARMINのダイブコンピュータは多機能っていうけど、よく使う機能や操作のしやすさを教えてほしい~

この記事では「GARMIN Descent G1 Dual Power」を実際に使ってどうなのか?使ってみたメリットやデメリット、他メーカーとの比較をわかりやすく解説しています。

18年間のインストラクター経験と来店してくれたゲストの「疑問や意見」を参考に

  • 中立な立場で
  • 知識と実践の経験を生かした
  • 本当にいいと思うこと

を紹介しています。

GARMINの広告や取扱説明書を読んでも使い勝手まではよくわかりません。

大切なことは表示の見やすさ、よく使う機能の使いやすさがわかることです。

ダイブコンピュータ選びで失敗したくない人は読んでみてね!

モンツキくん

たくさんの相談を個々に合った方法で解答してきました!
悩みや不安などの相談の場に「お問合せフォーム」をご利用ください。

\悩みや不安を気軽に相談できます♪/

ご相談で費用等は一切かかりません!

目次
  1. 外観や表示、水中の見やすさを紹介
  2. ダイビング中に必要な3つの機能の使いやすさ
    1. 無減圧潜水時間(NDL)
    2. 浮上速度の警告音
    3. 安全停止確認タイマー
  3. メリット12選、良かった機能を紹介
    1. 深度・潜水時間アラームが設定できる
    2. バイブレーションで警告してくれる
    3. ダイブログがBluetoothを使ってスマートフォンで見れる
    4. ナイトロックスの設定が簡単にできる
    5. バッテリーが充電式で電池交換不要
    6. ソーラー充電が充電式をサポート
    7. ダイビングのカロリー計測ができる
    8. 普段使いしやすいサイズと軽さ
    9. 他のスポーツや健康の計測もできる
    10. 画面が傷つきにくいサファイヤガラス
    11. ストラップの交換が簡単にできる
    12. Garmin Expressで最新の状態にアップデートできる
  4. デメリット6選、使いにくい機能を紹介
    1. 多機能でボタン操作が難しい
    2. 使用前に必要な初期設定がある
    3. カラーモデルが2色しかない
    4. ソーラー充電は補助的な役割しかない
    5. ダイビング後の画面で体内窒素排出時間がわからない
    6. 水中では音のアラートが聞こえない
  5. ダイビングでバッテリーの使用量を検証
  6. 使用前に変更したい15の設定と設定方法を解説
  7. よく使う12の機能を紹介!説明書よりわかりやすい操作方法を解説
  8. 5つの腕時計タイプで「ダイブコンピュータ」を比較
  9. 普段使いや健康管理にこだわるならGARMIN Descent G1 Dual Powerがおすすめ
  10. よく一緒に購入されるおすすめアイテム2選
  11. 【ダイブコンピュータ】GARMIN Descent G1 Dual Powerのレビュー!普段使いや健康管理もしたいならおすすめのまとめ

外観や表示、水中の見やすさを紹介

ナカモトくん

GARMIN(ガーミン)っていいメーカーなの?

GARMIN(ガーミン)は1989年、スイスに設立したGPS機器メーカーです。2018年にGPSを搭載したダイビングウォッチを発売!「GARMIN Descent G1 Dual Power」はリーズナブルな機器として2022年4月に発売されたばかりです。

まずは、こんなケースに入って届きました。

全体は腕時計のようなコンパクトサイズ、時刻も見やすいですね。

重さは約67g(カタログは66g)と軽量なダイブコンピュータの2/3倍の重さです!

画面の大きさはほぼ同じサイズですが、少しコンパクトに感じます。

特に厚みは15.2㎜、他と比べてもスリムで、腕時計のようにスッキリしています。

手に着けると「今までのダイブコンピュータに比べてコンパクトで軽い!」を実感しました!

ストラップはシリコン製で柔らかくフィットしますが、プラスチック樹脂より強度はなさそうですね。

スーツの上からでも着けれるように、ロングストラップも付属しています。

次は表示の見やすさをチェックしましょう。

表示は白黒表示、時刻は大きくて見やすいですが、充電量や他のアプリ表示は正直小さいと感じる人もいると思います。

陸の表示(ウオッチフェイス)は10種類ほどあって、好みで変えることができます。

水中の表示は文字が大きくて見やすいですね。

他のメーカーと比較すると

3つの表示「潜水時間」「現在の水深」「無減圧潜水時間(NDL)」の表示のほかに、「現在の水温」「タンクの中身」までTOP画面に表示されています。

次の表示ではコンパス

3つ目の表示では「最大水深」や「TTS(浮上に必要な時間)」が表示されます。

深くて暗い場所では自動でバックライトが点灯し、表示もよく見えます。

モンツキくん

外観は普段使いしやすいサイズ感と軽さの印象で水中の表示も見やすかったです!

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

ダイビング中に必要な3つの機能の使いやすさ

ナカモトくん

外観や表示の見やすさは良かったけど、使いやすさはどうなの?

ダイブコンピュータを確認して減圧症のリスクを軽減することは重要なことです。

ただ、ダイビング中にダイブコンピュータを気にしすぎると、水中の世界を楽しめません。

ダイブコンピュータで確認する基本的な機能は基本的は3つで大丈夫です。

ダイビング中に確認する3つの機能
  • 無減圧潜水時間(NDL)
  • 浮上速度の警告音
  • 安全停止確認タイマー

こちらの記事は「ダイブコンピュータって何を見たらいい?」を知りたい人に最適!

≫【初心者必見!ダイブコンピュータの使い方】ダイビング中に必要な3つの機能をわかりやすく解説!

3つの機能の使いやすさを検証しました。

無減圧潜水時間(NDL)

画面の表示は見やすく、一番大きく上部に表示されています。

無限圧潜水時間の上に「NDL」と表示しているのでわかりやすいですね。

無限圧潜水時間(NDL)とは?

今の水深で減圧停止をしないで潜れる時間のことです。言い方を変えると、体内に「窒素がこれ以上たまると危険!」という量を時間に変えて表示しています。

無限圧潜水時間(NDL)のアルゴリズム(計算方法)はメーカーによって違い、表示する数値も変わってきます。

アクアラングと比較してみると

メーカーによるアルゴリズム(計算方法)の違い以外にも、保守性(ユーザーセイフティーファクター)の設定で安全値を変えることもできます。

メーカーによる保守性の初期設定

GARMIN Descent G1 Dual Powerの保守性:高(安全値が高い)

アクアラング CALM plus+の保守性:SF-0(安全値が低い)

保守性(ユーザーセイフティーファクター)の設定を合わすと、少し差が縮まるはずです。

GARMINのNDL比較を検証

アクアラングと比較した結果

  • 18m以上の深場:NDLの時間は短くなる
  • 12m以内の浅場:NDLの時間は長くなる

深く潜ると、他のゲストより早く減圧潜水に近づいていくことが多かったです。

モンツキくん

保守性(ユーザーセイフティーファクター)の設定の目的は安全性を上げるためにあります。

無減圧潜水時間(NDL)が0になると減圧潜水になり、減圧症のリスクが高まります。

減圧潜水とは?

体内に窒素がたまり過ぎると無限圧潜水時間(NDL)は0になり、減圧停止を必要とするダイビングを言います。

無減圧潜水時間(NDL)があと1分となっています。

そのままの深度で潜っていると、「NDL超過 要減圧停止」の警告アラートが表示します。

減圧潜水になると「減圧停止の4mに4秒停止が必要」と表示されました。

今回は浮上中に減圧潜水が終わり、減圧停止ではなく安全停止になりました。

減圧停止では深度設定4.5mであれば、3.9~5.1mの範囲でカウントダウンします。

モンツキくん

減圧停止をせずに浮上するとダイビングモードが24時間使えなくなります。他のメーカーでは48時間使えなくなることが多いです。

浮上速度の警告音

浮上速度が速いと警告アラートの表示とバイブレーションで教えてくれます。

画面には浮上速度が3段階に分けて表示されます。

浮上速度の表示
  • 黒矢印1つ:良好(7.9m/分未満)
  • 黒矢印2つ:若干速い(7.9~10.1m/分)
  • 黒矢印3つ・点滅:非常に速い(10.1m/分超過)

浮上速度9.1m/分を5秒以上するとアラートの表示とバイブレーションで教えてくれます。

「黒矢印2つ」でも5秒以上経過するとアラートが鳴ることがあります。

アラーム音は聞こえませんが、バイブレーションはわかりやすかったです。

モンツキくん

NAUIの推奨浮上速度は9m/分なので、微妙な速度のアラートですが、警告アラートが鳴ると、一度止まって再度ゆっくり浮上しましょう。

安全停止確認タイマー

水深11m以上のダイビングでは、水深6m以内に浮上すると安全停止が表示されます。

表示は見やすく、5mで3分間のカウントダウンが始まります。

安全停止中は水深3~7mでカウントダウンし、終了すると表示とバイブレーションで教えてくれます。

水深11mより浅いダイビングでは安全停止の表示はありません

モンツキくん

11mより浅いダイビングでは安全停止の効果は少ないという考えだと思います。

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

メリット12選、良かった機能を紹介

GARMIN Descent G1 Dual Powerを使って良かったと実感した機能や操作をまとめました。

広告ではわからないメリットを紹介します。

深度・潜水時間アラームが設定できる

深度や潜水時間をアラームで教えてくれるうれしい機能です。

僕は水深20m、30mと潜水時間35分で設定しています。

警告アラートは表示とバイブレーション、アラート音がありますが、バイブレーションがわかりやすく、アラート音は聞こえないです。

モンツキくん

ダイビングではつい深く潜ったり、時間が過ぎてしまうのでとっても便利です。

バイブレーションで警告してくれる

バイブレーションをオンに設定すると警告アラートや通知を振動で教えてくれる素晴らしい機能です。

表示やアラーム音はフードの着用や夢中になると気づかないこともありますが、バイブレーションの振動は気づきやすいです。

浮上速度違反や安全停止、深度や潜水時間の設定もすべて振動で教えてくれます。

モンツキくん

逆にアラート音は陸では聞こえますが、水中ではほぼ聞こえません。

ダイブログがBluetoothを使ってスマートフォンで見れる

Garmin Diveアプリをインストールするとスマートフォンで見ることができます。

ダイビングが終わると自動でデータ転送が行われ、手軽にログ付けもできますね。

右上の3点から編集ができます。

編集でダイブ本数、ポイント名を変更し、レクリエーションは選択しました。

グラフでどんな潜り方をしているのかもよくわかります。

GPSを受信すれば、エントリー、エキジット地点マップに記録されます。

スクロールするとログの詳細になります。

GARMINではダイブログ以外にも心拍数やカロリーも計測してくれます。

編集で透明度を記入し、水流は選択しました。

エントリー地点はGPSを受信して自動で入っています。

天気も自動で入っていました。

ダイブタイムラインの詳細を見ると「深度」「水温」「心拍」「PO2(酸素濃度) 」

といろいろなグラフが見れます。

沖縄でも水温ってかなり変化するんですね~!

心拍も「エントリーから数分は緊張して、あとは落ち着いているな~」などがわかります。

モンツキくん

他のダイブコンピュータにはない心拍やカロリー、天気の自動入力も便利でログ付けが簡単にできますね!

ナイトロックスの設定が簡単にできる

毎回ナイトロックスのタンクを使う人でも設定方法がわからない人は多いです。

GARMINはダイブ設定の「ガス」→「単一ガスモード」→「空気」→「酸素」を開きます。

「酸素」の21→32%にするだけで設定できます。

時計モードで〔START〕を押し、「単一ガス」で〔START〕を押すとダイブ設定が確認できます。

他メーカーではダイビング毎や毎日設定になりますが、GARMINは一度設定すると、ずっとナイトロックスモードのままで楽です。

モンツキくん

その代わり、エアー(空気)で潜るときには変更するのを忘れないようにしましょう。

バッテリーが充電式で電池交換不要

ダイビングをする時に電池切れで使えないということもありました。

充電式は事前にバッテリーを充電すれば、電池切れの心配はなくなります。

充電マークと〇%の表示で充電しています。

フル充電は1~2時間で完了し、とっても早いです。

モンツキくん

充電スピードが速いので、1日3ダイブの充電なら約10分もあれば可能です。

ソーラー充電が充電式をサポート

GARMIN Descent G1 Dual Powerはソーラーの充電機能があります。

ソーラー充電でずっと使用できず、他メーカーのソーラー式より劣りますが、利用時間を延ばすことができます。

どれくらい充電しているかソーラー強度でチェックができます。

フル充電のモード別稼働時間を表示

モード充電式での稼働時間ソーラー充電のサポート
ダイビングモード約25 時間
スマートウォッチモード約21 日間4ヵ月
バッテリー節約ウォッチモード約48 日間無制限
バッテリー最長 GPS モード約56 時間205時間

*ソーラー充電は50,000ルクスの条件で1日3時間の屋外、終日着用想定となっています。

GARMIN公式ページDescent G1 Dual Powerの仕様を引用

モンツキくん

ダイビングモードでは難しいですが、スマートウオッチとしては4ヵ月も長く使えるようになるね!

ダイビングのカロリー計測ができる

ダイブコンピュータを直接手首に着けると、ダイビングでのカロリー消費が計測できます。

スーツの上からは、カロリー計測できません。

ダイブログに記録された1ダイビングの消費カロリーは152Kcalでした。

スマートフォンでも同じように表示されていました。

カロリー消費の計測は他のダイブコンピュータにない機能ですね!

3日間(1日3ダイブ)のカロリー消費を測定してみました。

ダイブ数1日目2日目3日目
1ダイブ127163129
2ダイブ122172124
3ダイブ140152141
3ダイブの平均130162131

ダイビング中の海況や運動量で差はでますが、1ダイブ=130~160カロリー消費されるようです。

僕の場合、ジョギングでゆったりと2キロ走った程度のカロリー消費と同じですね!

*ジョギングのカロリー(Kcal)=体重(㎏)×距離(km)=70×2=140Kcal

モンツキくん

カロリー消費が気になる人には、うれしい機能ですね!

普段使いしやすいサイズと軽さ

今までもダイブコンピュータを普段使いしていましたが、コンパクトなサイズと66g軽さがいいです。

普段使いではウオッチフェイスで画面表示を10種類も変更できます。

この表示では、ステップ数(歩数計)もすぐわかってうれしいです。

スマートフォンの電話通知を知らせてくれる機能があったり、


コントロールメニューの「探索」ではスマートフォンを見つける機能もついています。

音がよく聞こえるので見つけやすいです。

モンツキくん

疲れないサイズや軽さが普段使いしやすくていいですね!ダイブコンピュータというより普段使いしやすいスマートウオッチという感じです。

他のスポーツや健康の計測もできる

ダイビング以外のジョギングやゴルフ、水泳などでも使えるのがいいですね!

今ではこれ1台でダイビングや他のスポーツも楽しめます。

ジョギングでは距離や時間、ラップ、カロリーと一通り計測でき、スマートフォンでもGarmin Connectアプリで記録を確認できます。

健康情報(心拍数、呼吸数、ストレスレベル、睡眠スコア)やカロリー消費、ステップ数(歩数計)なども自動で計測してくれます。

カロリー消費では、安定時と運動時のカロリーを表示してくれます。

ステップ数(歩数計)もすぐに見れて便利です。

「どれくらい歩いたかな~」と参考になりますね!

モンツキくん

これからは健康管理も必要だから、1台でダイビングと両立できるのがとっても便利です!

画面が傷つきにくいサファイヤガラス

画面が傷つきにくく、ソーラー機能のついたパワーサファイアガラスを採用しています。

今まではシールやカバーで保護していたので、画面が見えづらいこともありましたが、GARMINではなにも貼らずに使えて画面がとってもクリアに見えますよ!

モンツキくん

ダイブコンピュータ自体も米国軍用規格MIL-STD810に準じ、衝撃や熱、耐水性にも優れています。

ストラップの交換が簡単にできる

「ストラップを交換することってあるの?」と思いますよね。

短かったり、切れて交換したいときにボタン1つで楽に交換できます。

厚いスーツの上につける時も付属の長いストラップと簡単に交換できます。

ダイブコンピュータが2色なので、ストラップカラーを変えて、オリジナルを作ることもできます。

モンツキくん

自分だけのオリジナルカラーなら間違えることもなくなるね!

Garmin Expressで最新の状態にアップデートできる

長年使っていくと機能も古くなりますが、アップデートすればソフトウエアや地図を最新の状態に保つことができます。

アップデートはGarmin Expressをインストールしてパソコンと接続すれば簡単にできます。

モンツキくん

長年使うダイブコンピュータにはうれしい機能ですね!

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

デメリット6選、使いにくい機能を紹介

使いにくいと感じた機能や操作をまとめました。

使いづらさには個人差があり、あくまで僕の感想になります。

多機能でボタン操作が難しい

多機能なスマートウォッチは通常のダイブコンピュータと違い、操作で迷うことが多いです。

機能の場所や長押しボタンに慣れるまでに時間がかかりました。

ボタンの基本操作

①〔LIGHT〕バックライト点灯
  長押し→コントロールメニュー表示
②〔MENU・UP〕ウィジェット表示、上にスクロール
  長押し→メニュー表示
③〔DOWN〕ウィジェット表示、下にスクロール
④〔START・STOP〕アクティビティ&アプリ表示決定
  長押し→アラーム・タイマー表示
⑤〔BACK〕戻る
  長押し→時計モードに戻る
⑥タッチスクリーン:ダブルタップでダイビング表示をスクロール

コントロールメニューやメニュー、ウィジェットって言われてもわからないですよね?

3つの画面表示を見てみましょう。

画面の表示内容

コントロールメニューショートカットキーとして、電源オフ、バッテリー節約、スマートフォン探索、サイレントモードをすぐ操作できます。

メニュー設定ページとしてダイブ設定、ウォッチフェイス、ユーザープロフィールなどを設定変更できます。

ウィジェット情報の確認としてダイブログ、サーフェスインターバル、カロリー、ステップ数、心拍などが見れます。

アクティビティ&アプリ:アクティビティを表示して、単一ガス、潮見表、ラン、ゴルフ、プールスイムなどを開始できます。

機能の難しさは場所のわかりにくさにあるので、一覧表にしてをまとめてみました。

(ピンク:よく使う項目、グリーン:設定変更した箇所)になっています。

モンツキくん

一覧表にまとめると操作がわかりやすくなるね!

使用前に必要な初期設定がある

通常のダイブコンピュータは初期設定なしでも使えることが多いですが、GARMIN Descent G1 Dual Powerはダイブコンピュータ&スマートウォッチとして初期設定やスマートフォンにアプリのインストールが必要になります。

初期設定では電源を入れる(LIGHTボタンを押す)と言語を「日本語」に設定し、Garmin Diveアプリなどをインストールしていきます。

Garmin JapanのYouTube【操作方法】Descent G1:使用ガイドを参考にしました。

最低限したい設定
  • 「ダイブ設定」-「水の種類」を淡水→海水に変更
  • 「ユーザープロフィール」性別、誕生日、身長、体重など入力

スマートフォンにインストールするアプリは2つあります。

インストールするアプリ
モンツキくん

操作に慣れてきたら、その他の設定もカスタマイズしてみましょう。

カラーモデルが2色しかない

GARMIN Descent G1 Dual Powerのカラーモデルは2色しかありません。

ブラックとハリケーンブルーの2色となります。

シンプルで落ち着いたカラーですが、もう少しカラーがあるとうれしいです。

GARMIN Desent G1シリーズ用交換ストラップ
created by Rinker
モンツキくん

オリジナルカラーにしたい人は、ストラップカラーを変更して自分だけのダイブコンピュータが作れます。

ソーラー充電は補助的な役割しかない

充電式は電池交換不要のメリットはありますが、ソーラー式より充電の手間があります。

GARMIN Descent G1 Dual Powerのソーラー機能は補助的な役割で、電源ケーブルで充電しないといけません。

ただ、「ダイビングモード:約25時間」と充電式としては持続性は長く、フル充電で1日3ダイブしても6日間持つことができました。

モンツキくん

毎日充電しなくてもいいので、ずいぶん楽にはなりました!

ダイビング後の画面で体内窒素排出時間がわからない

陸に上がると通常のダイブコンピュータでは3つの表示がありました。

  • 体内窒素排出時間(DESAT)
  • 現在の時間
  • 水面休息時間(SURF.T)

GARMIN Descent G1 Dual Powerの体内窒素排出時間(DESAT)はグラフ表示になっているので時間ではわからないです。

体内窒素排出時間(DESAT)とは?

陸にいる状態と同じになるまで、体内にたまった窒素を排出するのにかかる時間です。

例えば上写真では「DESAT 10:58」と表示

⇒体内にたまった窒素を排出するのに10時間58分かかるという意味になります。

DESAT=Desaturationの略(排出されていくという意味)

GARMIN Descent G1 Dual Powerの体内窒素排出時間(DESAT)表示はウィジェットのサーフェスインターバルにありますが、サッと見れないのが残念です。

残り時間12:16が体内窒素排出時間(DESAT)になります。終了は翌日の朝8:41とも表示されています。

モンツキくん

翌日の朝8:41に終了と表示されているのはわかりやすいですね!

水中では音のアラートが聞こえない

アラートを音&バイブレーション設定にしても水中ではアラート音が聞こえないです。

陸では「ピリリリリン、ピリリリリン」とアラート音が聞こえますが、小さい音で水中では聞こえません。

水中では音とバイブレーションの両方で確認できるように、音量を調節してもらえるとうれしいですね。

モンツキくん

水中で夢中になると、アラームに気づきにくいので音&バイブレーションの両方で確認できるといいですよね。

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

ダイビングでバッテリーの使用量を検証

GARMIN Descent G1 Dual Powerのバッテリーが電源ケーブルで充電せずに何日持つのかを検証してみました。

ダイビングは1日3ダイブ(1ダイブ約40分)

日数天気バッテリー残量バッテリー使用量
1日目晴れ86%14%
2日目曇り72%14%
3日目曇り58%14%
4日目曇り44%14%
5日目曇り/晴れ30%14%
6日目晴れ10%20%
平均15%

ダイビング(1日3ダイブ)でのバッテリー使用量の平均は15%となりました。ダイビングではソーラー充電の効果はほとんどなくバッテリー残量は落ちていきます。

充電せずに6日間ダイビングが可能、充電式としては十分な日数が持ちましたが、他のソーラー式のようにソーラー充電だけで使用できないのが残念でした。

モンツキくん

毎日電源ケーブルの充電をしなくていいので楽になりましたが、ソーラー式の便利さには少し劣るかな・・・

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

使用前に変更したい15の設定と設定方法を解説

GARMIN Descent G1 Dual Powerを何度も試した結果、ダイビングの使用前に変更や入力すべき設定を紹介します。

グリーン:設定変更した箇所、オレンジ:詳細内容)僕の変更した設定です。

メニュー(MENUを長押し)にある項目を変更、入力していきます。

使用前に変更、入力すべき15の設定

【ダイブ設定】

  • 1.「保守性」高→中
  • 2.「水の種類」淡水→海水
  • 3.「スキューバアラート」20m、30m到達時バイブレーション
  • 4.「スキューバアラート」35分到達時バイブレーション
  • 5.「安全停止」3分
  • 6.「最終減圧停止」3m→4.5m
  • 7.「ダイブ遅延終了」20秒

【スマートフォン】

  • 8.「通知」通常時の通話:バイブレーション、その他:オフ
  • 9.「通知」アクティビティ実行中の通話:バイブレーション、その他:オフ
  • 10.「通知」署名:オン

【ユーザープロフィール】

  • 11.「性別」「誕生日」「身長」「体重」を入力
  • 12.「着用する手首」「就寝時間」「起床時間」を入力

【パワー管理】

  • 13.「バッテリー節約」オン→オフ
  • 14.「パワーモード」バッテリー最長UltraTrac

【システム】

  • 15.「タイム」12時間→24時間

特に赤文字の項目は変更や入力しておくと、ダイビングがしやすくなると思います。

設定方法の1例として

ダイブ設定の「保守性」を変更
  • 〔MENU〕長押し→「ダイブ設定」で〔START〕押す=決定
  • 〔DOWN〕押して下へスクロールし、「保守性」で〔START〕押す
  • 「プリセット」で〔START〕押す
  • 〔DOWN〕押して下へスクロールし、「中」で〔START〕押す

設定で重要なのは〔DOWN〕=下へスクロール、〔START〕押す=決定の2つです。

間違えても〔BACK〕=戻るを押すとやり直し、わからなくなっても〔BACK〕長押し=時計モードに戻るでリセットできます。

モンツキくん

操作に慣れてくると簡単に設定変更できるようになるよ!

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

よく使う12の機能を紹介!説明書よりわかりやすい操作方法を解説

ダイブコンピュータの機能があり過ぎても、使う機能はほとんど決まっています。

  • 操作がわからなくなったら〔BACK〕で戻る
  • バッテリー残量のチェック
  • 深度と潜水時間のアラームを設定する
  • 無減圧潜水時間(NDL)の安全性を調整する
  • ダイビング前にGPSを受信する
  • ナイトロックスのタンクで潜る設定
  • 体内窒素排出時間を見る
  • ダイブログをダイブコンピュータで直接見る
  • ダイブログをスマートフォンで見る
  • ウェジット(情報の確認)を見る
  • サイレントモードを設定する
  • スマートフォンをダイブコンピュータで探す

それ以外の機能を使う頻度はあまり多くありません。

特に〔BACK〕を押す=戻るを知っているだけでも、操作を間違えたり、わからなくなると再操作が簡単にできるのでストレスがなくなります。

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

5つの腕時計タイプで「ダイブコンピュータ」を比較

腕時計タイプのダイブコンピュータの中で人気の機種を5つ比較しました。

ナカモトくん

ダイブコンピュータはたくさんの種類があるから、まずは外観や機能を比較して選んでみよう。

画像名称(メーカー)料金(税込)画面の形・大きさ重量画面表示文字サイズ電池交換
(充電方法)
本体の材質ログ記録ボタン数操作性デザインカラー安全停止表示ナイトロックス
対応
バックライトBluetoothデータ転送M値警告機能デジタルコンパスバイブレーション警告トランスミッター接続GPS機能潮汐表示その他スポーツヘルスケア機能公式ページ
IQ1204

(TUSA)
99,000円丸い・やや小さい
(61×53㎜)
85g白黒普通ソーラー式プラスチック樹脂30本5
(メニューあり)
使いやすい14色秒単位××××××詳細を見る
Descent G1
Dual Power
(GARMIN)
99,000円丸い・小さい(45.5×45.5㎜)66g白黒普通ソーラー式
充電式
繊維強化プラスチック200本5
(メニューあり)
機能が多いため
ボタン操作が多い
2色秒単位××詳細を見る
D5

(SUUNTO)
108,000円
(99,000円:ブラック・ホワイト)
丸い・小さい(53×53㎜)90gカラー普通充電式
(6~12時間)
ステンレス200時間or400本3
(画面メニュー)
ボタン操作に
慣れが必要
5色
バンドカラー豊富
秒単位×××××詳細を見る
CALM plus+
(AQUALUNG)
94,600円丸い・小さい(58.9×52.4㎜)75g白黒普通ソーラー式
(30時間)
プラスチック樹脂30本5
(メニューあり)
使いやす16色秒単位××××××詳細を見る
i100

(AQUALUNG)
49,500円丸い・大きい(63×63㎜)110g白黒大きい電池交換
(100~300時間)
プラスチック樹脂24本1
(メニューなし)
ボタン操作に
慣れが必要
2色秒単位×PCのみ××××××××詳細を見る

どのメーカーも同料金であれば、必要な機能は十分備わっています。

失敗しないダイブコンピュータの選び方
  • デザインカラーや素材、重さのような外観の好み
  • カラー表示や充電方法などのこだわり機能
  • ボタン操作のしやすさ
モンツキくん

選び方はデザインの好みやこだわりの機能、操作性になりそうですね。

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

普段使いや健康管理にこだわるならGARMIN Descent G1 Dual Powerがおすすめ

GARMIN Descent G1 Dual Powerは普段使いやダイビング以外のスポーツ、健康管理にこだわる人に必ずおすすめしたいダイブコンピュータです。

GARMIN Descent G1 Dual Powerを選ぶ3つの理由
  • 普段使いしやすいサイズと軽さ
  • 他のスポーツや健康の計測もできる
  • アラームより伝わるバイブレーション機能

腕時計としても使いやすいサイズと軽さなので、ジョギングなどのスポーツでも重さが気になりません。ダイビング中の警告はバイブレーションも可能でアラーム音よりわかりやすい機能です。

モンツキくん

GARMIN Descent G1 Dual Powerは他のスポーツや健康の計測も兼ね備えたダイブコンピュータとして十分リーズナブルになっています。

GARMIN(ガーミン)Descent G1 Dual Power
created by Rinker

>目次へ戻る

よく一緒に購入されるおすすめアイテム2選

GARMIN Descent G1 Dual Powerを買うなら、まとめて買っておきたいアイテムを紹介します。

1.オシャレなカラーに交換できるストラップ

GARMIN Desent G1シリーズ用交換ストラップ
created by Rinker

豊富なカラーから自分好みのデザインが作れて、普段使いでも楽しめる腕時計になります。

取り換えもワンタッチで、ダイビングと普段使いでカラーを変えるのもいいですね。

2.どうしても画面に傷をつけたくないなら保護フィルム

(GARMIN正規品)液晶保護フィルム Descent G1用
created by Rinker

ダイビングではダイブコンピュータを落としたり、岩にぶつけることが多く、画面まで傷けてショックを受けることがあります。

画面が傷つきにくいパワーサファイアガラスを採用していますが、どうしても気になる人にはおすすめです。

モンツキくん

実際にGARMIN Descent G1 Dual Powerを使ってみて、欲しくなってから買ってもいいアイテムですね!

>目次へ戻る

【ダイブコンピュータ】GARMIN Descent G1 Dual Powerのレビュー!普段使いや健康管理もしたいならおすすめのまとめ

4.【ダイビングの始め方】初心者の人に「体験ダイビング」から「ライセンス取得」までをインストラクターが解説のまとめ

今回は「【ダイブコンピュータ】GARMIN Descent G1 Dual Powerのレビュー!普段使いや健康管理もしたいならおすすめ」というテーマを紹介しました。

まとめ
  • 外観や表示、水中の見やすさを紹介
  • ダイビング中に必要な3つの機能の使いやすさ
  • メリット、デメリットの機能を紹介
  • ダイビングでバッテリーの使用量を検証
  • 使用前に変更したい15の設定と設定方法を解説
  • よく使う12の機能を紹介
  • 5つの腕時計タイプで「ダイブコンピュータ」を比較
  • 普段使いや健康管理にこだわるならおすすめ
  • よく一緒に購入されるおすすめアイテム2選

GARMIN Descent G1 Dual Powerのレビューを書いたのは、普段使いやジョギングにも使いたくて買ったけど、ダイブコンピュータの使いやすさを知りたかったからです。

というのも、ダイブコンピュータに特化した腕時計タイプは作りや操作が似ているので使いやすく感じます。

GARMINは表示や操作方法が違い、スマートウォッチのような操作も必要で、慣れるまでは戸惑いますが、コツがわかれば簡単にも感じます。

デザインの好みやこだわりの機能というダイブコンピュータの選び方として、GARMIN Descent G1 Dual Powerを使った結果、普段使いや他のスポーツ、健康管理にこだわる人に必ずおすすめしたいダイブコンピュータと言えます。

1人のインストラクターとして経験してきた知識を中立的な立場で誰よりもわかりやすく解説しています。

ダイビングで悩んだとき、迷ったときに、1つの参考として見てもらえるとうれしいです。

モンツキくん

ダイブコンピュータはどれにもメリット、デメリットがあって選ぶのが難しいです。こだわる機能があると選びやすくなりますね。

同様に「ダイブコンピュータ」のおすすめ記事を2つ紹介します。

こちらの記事は「ダイブコンピュータはどれを選べばいいの?」を知りたい人に最適!

≫イントラ厳選「ダイブコンピュータ」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

こちらの記事は「ダイブコンピュータってどう使えばいいの?」を知りたい人に最適!

≫【初心者必見!ダイブコンピュータの使い方】ダイビング中に必要な3つの機能をわかりやすく解説!

【ダイビングの教科書】買い方|初心者が「買うタイミング」から「おすすめ器材」をインストラクターが解説!ダイビング器材の「買い方」を知りたい人に必見! この記事では器材購入に迷っている人が自分に合う器材を見つけるまでをまるごと学べます。 大切なことは「次はどうするの~?」と体型的に学べることです。【モンツキくんの沖縄ダイビング大学】...

>目次へ戻る

ここからは「お問い合わせ」や「一番読んでほしいブログ」などの紹介です。

モンツキくん

これまでたくさんの相談を1人1人に合った方法で解答し、ダイビングの悩みが1つでも解決できるために「お問い合わせ」を作りました。

\悩みや不安を気軽に相談してね♪/

ご相談で費用等は一切かかりません!

モンツキくん

ダイビングの始め方、スキルアップ、器材の買い方、楽しみ方を体系的に学べ、どこよりもわかりやすく解説しています。ぜひ一度読んでください!

\一番読んでほしいブログです♪/

ダイビングを体系的に学べる教科書!

モンツキくん

「モンツキくんの沖縄ダイビング大学」と「小さなお店」をまとめたリンク集になっています。

\関連ページが探しやすい♪/

これ1本で見やすくて便利!

>目次へ戻る

ABOUT ME
モンツキくん
はじめまして、モンツキくんです。36才で会社を辞め沖縄に移住、ダイビングインストラクターになって18年「小さなダイビングショップ」をして海を案内しています!コンセプトは中立的な立場でダイビングの経験をまとめて、1人でも役に立てるようにブログを始めました。みなさんよろしくお願いします。(^o^)
関連記事
買い方

【2024年】イントラ厳選「マスク」女性におすすめの5選|初めて買うダイビング器材の選び方

2021年10月27日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めて買うダイビング器材と言えば「マスクとシュノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類が …
買い方

【2024年】イントラ厳選「フィン」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

2021年12月24日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めに買うダイビング器材と言えば軽器材、「フィン」は泳ぐスキルでとても重要です。 ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材 …
買い方

【ダイビングの教科書】買い方|初心者が「買うタイミング」から「おすすめ器材」をインストラクターが解説!

2022年9月7日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
器材の買うベストなタイミングはいつ? 自分に合う器材ってどう見つけるの? 初めて買う人のおすすめ器材はどれなの? 器 …
買い方

【2024年】イントラ厳選「ブーツ」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年1月11日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
最初に買うダイビング器材と言えば軽器材、「ブーツ」はフィンと一緒に選んでほしいですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめして …
買い方

【2024年】イントラ厳選「ダイブコンピュータ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年2月19日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
軽器材やスーツを買ったら、次に買いたいのは「ダイブコンピュータ」ですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類 …
買い方

【2024年】イントラ厳選「ウエットスーツ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年2月4日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
軽器材を買ったら、次に買いたいのは「ウエットスーツ」自分のスーツって着心地がいいですよ! ナカモトくん ランキング記事でおすすめして …
買い方

【ダイブコンピュータ】Suunto(スント)D5のレビュー!カラー表示で選ぶならおすすめ

2023年1月27日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
最近、カラー表示のダイブコンピュータをチラホラ目にすることがあります。 「初めて買う」初心者にカラー表示のダイブコンピュータで一番お …
買い方

【2024年】イントラ厳選「シュノーケル」女性におすすめの3選!初めて買うダイビング器材の選び方

2021年11月29日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めに買うダイビング器材と言えば「マスクとシュノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類が …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA