買い方

【2024年】イントラ厳選「ウエットスーツ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方

本記事のリンクには広告が含まれています

軽器材を買ったら、次に買いたいのは「ウエットスーツ」自分のスーツって着心地がいいですよ!

ナカモトくん

ランキング記事でおすすめしている器材は種類がたくさんあって、「自分に合う器材はどれなの?」ってなるよ~

おすすめの器材はダイビングの経験、性別、筋力などで変わります。

この記事では「初めて買う」初心者におすすめの器材を厳選してランキングにしています。

初めて買う人にとって重要なことは自分に合う器材を見つけることです。

実際に、18年間のインストラクター経験から

  • 見たり、使用して比較
  • メーカーに意見を伺い
  • 中立な立場で本当にいいと思う器材

を紹介しています。

この記事では、自分に合う器材を見つけるだけでなく、選び方や使い方のコツまで紹介しています。

ウエットスーツ選びで失敗したくない人はぜひ、最後まで読んでみてね!

\おすすめのランキングをすぐに見たい!/

モンツキくん

初めて買う人にとって本当にいいと思ったスーツを厳選しておすすめしています。高機能だけど高い、ただ安いだけのスーツの紹介じゃないよ。

目次
  1. 今年のスーツメーカーの傾向
  2. スーツは体を守る3つの役割がある
    1. 体の保温
    2. けがの防止
    3. 浮力の確保
  3. 水温で違うスーツの種類・素材を紹介
    1. ウエットスーツのタイプ
    2. 生地の厚み
    3. 生地(素材)の種類
  4. ウエットスーツで失敗しない3つの選び方
    1. 水温に合ったスーツを選ぶ
    2. 体形にフィットしたスーツを選ぶ
    3. 必要なオプションをつける
  5. 初めて買う初心者におすすめの「5㎜ウエットスーツ」比較表
  6. 初めて買う初心者におすすめの「5㎜ウエットスーツ」ランキング
    1. 第1位 AW(World Dive)ワールドダイブ
    2. 第2位 GULL READYーMADE 5mm WET SUITS(GULL)
    3. 第3位 BCROS-ι「ビクロス イオタ」(Bizm)
    4. 第4位 DISCOVERY LIGHT「ディスカバリーライト」(MOBBY’S)モビー
    5. 第5位 5.5mm Pleasant「プレザント」(アクアラング)
    6. 第6位 5mm FULL BASIC 2(HeleiWaho)ヘレイワホ
  7. ワールドダイブ、モビー、GULLなどのメーカーで人気があるのはどれ?
  8. ワンピースと2ピースはどっちがいい?
  9. 失敗しないスーツサイズの選び方
  10. フルオーダースーツは1ランクアップしたスーツ
  11. スーツの寿命と値段の考え方
  12. スーツの下に着るインナーの選び方とおすすめ
    1. ラッシュガード
    2. フードベスト
    3. 保温性のあるインナー
  13. スーツはメンテナンスが大切
    1. 洗い方
    2. 干し方
    3. 保管方法
  14. ウエットスーツ選びに迷ったらイチオシは「AW(World Dive)ワールドダイブ」
  15. イントラ厳選「ウエットスーツ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方のまとめ
    1. ダイビング経験30本までの人にしてほしいこと

今年のスーツメーカーの傾向

ナカモトくん

今年は新しいものが出たの~?

各メーカーを昨年と比べてみると、ウエットスーツよりも、寒さに強い6.5㎜のウエットスーツやドライスーツを新しく発売しています。

■今年モデル/昨年との比較

メーカー種類料金品質カラー備考タイトル

ワールドダイブ
スキンスーツ・
6.5㎜ワンピース
NEWモデル
一部値上げ
1~2%
同じ同じリーズナブルなスーツは特に変更なし詳細を見る

モビーズ
6.5㎜スキンスーツ・
ドライスーツ
NEWモデル
値上げ
5~6%
同じ同じリーズナブルなスーツは特に変更なし詳細を見る
GULL3㎜スキン2ピース
NEWモデル
値上げ
5%
同じ新色品質の変更はなし詳細を見る

アクアラング
ドライスーツ
(シェル)
NEWモデル
値上げ
3~6%
同じ同じ特に変更点なし詳細を見る

Bism
同じ値上げ
3~9%
同じ同じ特に変更点なし詳細を見る

料金ではすべてのメーカーで値上がりしています。生地の単価も高騰しているので仕方ないですね!

ワールドダイブも最近は種類やおしゃれなデザインが多く、スーツ選びも楽しみですね!

モンツキくん

ダイビング業界がもっと盛り上がれば、新しいスーツがでてくるんだけどね!

>目次へ戻る

スーツは体を守る3つの役割がある

スーツは体を守る役割が3つあります。

  • 体の保温
  • けがの防止
  • 浮力の確保

3つの中で最も大切なことは体の保温です。

ナカモトくん

スーツを着るだけでも体を守っているんだね!

体の保温

海の中は熱が奪われやすく体が冷えてきます。

保温効果のないスーツは夏でも長時間潜っていると低体温症になる恐れがあるからです。

ウエットスーツはスーツに入った水を体温で温める役割があり、そのために体とフィットしたスーツを着る必要があります。

けがの防止

水中ではクラゲに刺されたり、ケガをすることがあります。

ダイビング中は視野も狭く、危険な生物、ゴツゴツした岩場に体が擦れることがあるからです。

スーツを着ると、直接肌に当たらず、ケガなどを防ぐことができます。

浮力の確保

水中では突然トラブルに遭うことがあります。

スーツには浮力があり、水面への浮上、浮かんでいることができるからです。

水中で突然トラブルにあった時も、ウエイトを外してゆっくり浮上後に対処できます。

モンツキくん

海の中ではクラゲやプランクトンに刺されると、ずっと痛かゆくて、楽しさが半減するのでスーツを着よう!

>目次へ戻る

水温で違うスーツの種類・素材を紹介

ダイビングスーツは2つの種類があります。

  • ウエットスーツ
  • ドライスーツ


2つのスーツの違いは保温の方法です。

2つのスーツの違い
  • ウエットスーツ:スーツの水を体温で保温
  • ドライスーツ:首から下に水が入らず、インナーを着て保温

温かい水温ならウエットスーツ、冷たい時期やエリアならドライスーツを着ます。スーツを選ぶ目安は水温22℃前後になります。

今回はウエットスーツについて紹介していきますね。

ウエットスーツで考える3つのこと
  • タイプ⇒ワンピース・2ピース
  • 生地の厚み⇒3㎜・5㎜・6.5㎜
  • 種類⇒ジャージ・スキン・起毛(きもう)

ウエットスーツは3つの種類を変えるといろんなパターンができます。

ナカモトくん

どんなスーツが自分に合っているのか教えて~

ウエットスーツのタイプ

ウェットスーツは2つのタイプがあります。

  • ワンピース
  • 2ピース

ワンピース

ワンピースは2種類あります。


最も多いのは「長袖+長ズボン」のフルスーツで、単に「ワンピース」とも言います。

メリット

  • 体を動かしやすい
  • 既製品も数多くあり、リーズナブル
  • 2ピースよりかさばらない


デメリット

  • 寒いとフードベストなどが必要

おすすめの人
  • 初めてスーツを買う人
  • 温かい海でダイビングをする人

「半袖+長ズボン」タイプのシーガルは夏シーズンに着て、シーガルの上にジャケットを羽織ることで寒い時期も使用できる良さがあります。

2ピース

2ピースは主に3種類に分けられます。

  • ジャケット+シーガル
    ⇒夏はシーガル、寒い時期は2ピースと着分けができる
  • ジャケット(フード)+ロングジョン
    ⇒肩を動かしやすい、着やすいが首から水が入りやすく保温に弱い
  • ボレロ+胴切り
    ⇒上着を脱がずにトイレに行ける良さがある、フードも一体化して水が入りにくい

2ピースのタイプにはそれぞれ特色がありますが、共通なこととして

メリット

  • ワンピースより保温効果がある
  • できるダイバーに見える


デメリット

  • 既製品は少なくオーダーメイドが多い
  • ワンピースより動きづらい
  • 少し高価

おすすめの人
  • 2枚目のスーツとして買う人
  • 寒がりの人

2ピースはワンピースよりも暖かく、寒い時期に着ることが多くなります。タイプは保温性や使いやすさで好みがわかれます。

モンツキくん

僕が最初に買った2ピースは「シーガル+ジャケット」、夏も冬も着られると思って買いました。夏にシーガルだけで潜るとプランクトンに刺されるので長袖のラッシュを着るといいです。今は「胴切り+ボレロ」が暖かくて楽なので、とっても気に入ってます。

生地の厚み

生地の厚みは主に3種類あります。

  • 3㎜⇒最適な水温27~28度
  • 5㎜⇒最適な水温24~27度
  • 6.5㎜(ロクハン)⇒最適な水温20~24度


生地の厚みで保温効果はかなり違います。

初めて買う人には5㎜スーツをおすすめします。

5㎜スーツは3㎜、6.5㎜の両方のメリットがあり、シーズンで一番長く着れるスーツになります。3㎜や6.5㎜のスーツは最適な水温で楽しむ2枚目のスーツとして買う人が多いです。

生地(素材)の種類

ウエットスーツは主にクロロプレンゴム(ネオプレンゴム)という素材で作られています。

クロロプレンゴム(ネオプレンゴム)とは?

スポンジのように気泡を含んだ合成ゴム。気泡の量で伸縮性や保温性が違い、量が多いと水圧で生地が薄くなって保温性がなくなってきます。ダイビングでは気泡の量を少なくした保温性の高いクロロプレンゴムを使います。


生地の種類は主に3種類あります。

  • ジャージ⇒表・裏で使用可
  • スキン⇒表・裏で使用可
  • 起毛(きもう)⇒裏面のみで使用


クロロプレンゴム(スキン)の上にジャージや起毛を張り合わせることで性能も違ってきます。

表・裏の生地パターンのおすすめ
  • 表ジャージ・裏ジャージ
    耐久性がある、陸風が冷たい
  • 表スキン・裏ジャージ
    ⇒水はけがよく、陸風に強い
  • 表ジャージorスキン・裏起毛
    ⇒最も保温効果がある

最も多いのは両面ジャージ生地のスーツです。

ジャージは一般的に安く、丈夫で、着脱もしやすく、カラーも豊富です。スキンは水はけがよく風に強いのがメリットですが、ジャージより破けやすいデメリットもあります。寒いシーズンは表生地をスキン、裏生地を起毛にすることで保温効果が高くなります。

モンツキくん

スーツの種類は多いですが、フルスーツ(ワンピース)の5㎜の両面ジャージが一番多いです!

>目次へ戻る

ウエットスーツで失敗しない3つの選び方

失敗しないスーツの選び方を3つ紹介します。

  • 水温に合ったスーツを選ぶ
  • 体形にフィットしたスーツを選ぶ
  • 必要なオプションをつける

失敗しない選び方は「どのエリアでどのシーズンにダイビングしたい?」を考えて選ぶことです。

水温に合わないスーツは体の保温ができずに我慢すると低体温症なるからです。

ナカモトくん

寒さを我慢してダイビングすると、楽しさより「早く上がりたい~」という気持ちになるよ~

水温に合ったスーツを選ぶ

失敗しないスーツの選び方は水温に合ったスーツがとっても重要です。

沖縄や伊豆のようにどこをメインで潜るかによって水温は違ってくるからです。

水温でスーツのタイプ、生地の厚みは違い、寒さの感覚は人それぞれですが参考に見てください。

沖縄と伊豆の年間の水温とスーツを比較

水温適したスーツ水温適したスーツ
1月21~22ドライスーツ、2ピース(6.5㎜)15~18ドライスーツ
2月20~21ドライスーツ、2ピース(6.5㎜)14~15ドライスーツ
3月21~22ドライスーツ、2ピース(5㎜)14~15ドライスーツ
4月22~232ピース(5㎜)・フルスーツ(6.5㎜)+フードベスト15~17ドライスーツ
5月23~25フルスーツ(5㎜)+フードベスト16~19ドライスーツ
6月26~27フルスーツ(5㎜)17~20ドライスーツ
7月26~27フルスーツ(5㎜・3㎜)18~23ドライスーツ、2ピース(5㎜)・フルスーツ(6.5㎜)+フードベスト
8月27~28フルスーツ(5㎜・3㎜)21~282ピース(5㎜)・フルスーツ(5㎜)+フードベスト
9月27~28フルスーツ(5㎜・3㎜)24~282ピース(5㎜)・フルスーツ(5㎜)+フードベスト
10月24~26フルスーツ(5㎜)+フードベスト22~26ドライスーツ、2ピース(5㎜)・フルスーツ(6.5㎜)+フードベスト
11月23~242ピース(5㎜)・フルスーツ(6.5㎜)+フードベスト19~23ドライスーツ
12月22~232ピース(5㎜)・フルスーツ(6.5㎜)+フードベスト17~21ドライスーツ

一番長いシーズン使えるスーツは沖縄と伊豆では異なります。

長いシーズン使えるスーツのおすすめ
  • 沖縄⇒フルスーツ(5㎜)
  • 伊豆⇒ドライスーツ

また、暖かいシーズンしか潜らないなら、沖縄と伊豆はほぼ同じです。

暖かいシーズンに潜るスーツのおすすめ
  • 沖縄⇒フルスーツ(5㎜)
  • 伊豆⇒2ピース(5㎜)・フルスーツ(5㎜)+フードベスト

どこのエリアをメインで潜り、どのシーズンに潜るのかでスーツは違います。水温に合ったスーツ選びが重要です。

体形にフィットしたスーツを選ぶ

失敗しないスーツの選び方は体形にフィットしたスーツを選ぶことも大切です。

大きすぎるスーツは大量の水が入り、体の保温ができないからです。また、小さすぎると胸が圧迫されて息苦しく、着脱しにくいです。

ウエットスーツは首や手首、足首から水が入ってきます。体形にフィットしたスーツは保温効果が高まります。

体形にフィットする3つのサイズチェック

「身長・体重」でサイズを決めた後にチェック

  • 首・手首・足首はピッタリ
  • 上胸囲はゆったり(3~5㎝の余裕)
  • 気になる部分が適正範囲

必ず、3つのサイズをチェックをして選ぶ

胸は呼吸がしやすくゆったりにしても、水が入る「3つの首回り」をピッタリさせると保温はできます。

採寸の方法がわからない方はご覧ください。
≫写真でわかりやすい採寸の方法
*「ウエットスーツ専門店TRY」さんを参照

自分の体形にフィットするなら既製品よりもフルオーダーがいいの?

フルオーダーのスーツは約30カ所を採寸するので体形にとてもフィットします。体形にフィットすると保温力もアップします。腕や太ももをゆったりに作り、楽に着られるカスタマイズができるのも大きなメリットです。

必要なオプションをつける

失敗しないスーツの選び方は自分に必要なオプションをつけることも必要です。

既製品のスーツでは背丈のサイズが合っても、腕や足の太さは人によって違うからです。

スーツの着脱は準備で一番大変と言われます。オーダースーツであれば自分に合うサイズですが、既製品であればオプションを付けると着やすさが変わります。

オプションのおすすめ
  • 着やすさ重視の人⇒手足首のファスナー
  • 首がくるしい人⇒首もとファスナー
  • 寒がりな人⇒裏を起毛生地にする
  • 首から水が入るのがイヤな人⇒大きい首のベルクロ(マジックテープ部分)
モンツキくん

どのエリアをメインでダイビングをするのかを決めてみましょう。ダイビングを年中楽しみたいなら、シーズンで一番長く使えるスーツを選ぶのがいいですよ!

>目次へ戻る

初めて買う初心者におすすめの「5㎜ウエットスーツ」比較表

「初心者におすすめのウエットスーツ」は最も買う人の多いフルスーツ(ワンピース)5㎜の既製品で比較しました。

ナカモトくん

スーツは試着しにくいから、おすすめを参考にしよう~

画像名称(メーカー)2023年の
ランキング
タイプ料金(税込)・最安サイズ
(レディース)
サイズ
(メンズ)
表生地裏生地標準装備デザインオプション公式ページ
AW
(World Dive)
1位ーフルスーツ
(ワンピース)
5㎜
66,880円
(ネット最安)
49,984円
レディース
7Y~15O
25サイズ
身長(147~172)
体重(36~72)
メンズ
SY~3LO
26サイズ
身長(158~185)
体重(46~87)
ジャージジャージしっかりした
ベルクロ
全体・ポイントとも15カラーから選べるフルオーダー
手首、足首ファスナー
首もとファスナー
ポイントマーク
詳細を見る
GULL READYーMADE 5mmWET SUITS
(GULL)
2位ーフルスーツ
(ワンピース)
5㎜
69,300円
(ネット最安)
50,000円
レディース
MS~L
6サイズ
身長(153~166)
体重(44~60)
メンズ
M~XL
6サイズ
身長(160~180)
体重(54~76)
ジャージ起毛(保温効果手首・足首ファスナー 裏起毛
ロングベルクロ
男女1カラーのみなし女性を見る
男性を見る
BCROS-ι
ビクロス イオタ

(Bizm)
3位ーフルスーツ
(ワンピース)
5㎜
49,500円
レディース
7A~15X
17サイズ
身長(148~170)
体重(42~69)
メンズ
SY~LLX
17サイズ
身長(158~180)
体重(48~81)
ジャージジャージなしベース黒
ステッチ(ライン)14カラーから選べる
フルオーダー
手首、足首ファスナー
首もとファスナー
詳細を見る
DISCOVERY LIGHT
ディスカバリーライト

(MOBBY’S)
4位ーフルスーツ
(ワンピース)
5㎜
73,700円レディース
5A1~11A5
15サイズ
身長(150~170)
体重(40~62)
メンズ
88Y3~100YA7
21サイズ
身長(160~180)
体重(56~80)
ジャージジャージしっかりした
ベルクロ
ポイントを17カラーから選べるフルオーダー
手首、足首ファスナー
首もとファスナー
詳細を見る
5.5mm Pleasant
5.5㎜プレザント

(アクアラング)
5位ーフルスーツ
(ワンピース)
5.5㎜
77,000円
(ネット最安)
24,500円
レディース
S~L
4サイズ
身長(150~170)
体重(42~62)
メンズ
XS~2XL
6サイズ
身長(155~190)
体重(55~89)
ジャージジャージ手首・足首ファスナー男女1カラーのみなし詳細を見る
5mm FULL BASIC2
(HeleiWaho)
6位ーフルスーツ
(ワンピース)
5㎜
34,650円
(ネット最安)
23,800円
レディース
S~L
4サイズ
身長(153~168)
体重(45~61)
メンズ
M~XL
4サイズ
身長(163~179)
体重(55~75)
ジャージジャージ手首・足首ファスナー男女1カラーのみなし女性を見る
男性を見る
モンツキくん

スーツ選びで大切なことは、まずフィットするサイズを確認することです。次にメーカーの信頼度・料金・保温性・デザインなど自分の好みに合わせて選んでいきましょう!

>目次へ戻る

初めて買う初心者におすすめの「5㎜ウエットスーツ」ランキング

ウエットスーツ(5㎜)の料金は通常定価3.6~14.0万円(税別)と4倍近い幅があります。一般的に多いのは5~7万円のウエットスーツが多いです。

「初めて買う器材」は「高価すぎない器材」からできるだけ厳選しておすすめしています。

高価なものほど高性能な機能がついていますが「性能と料金のバランス」を検討した上でランキングしています。

ランキング順に特徴を紹介していきます。

ナカモトくん

自分がほしいスーツが分かってきたよ、ランキングを参考にしてみよう!

第1位 AW(World Dive)ワールドダイブ

おすすめの人
  • スーツ専門メーカーがいい人
  • フィット感がほしい人
  • 豊富なサイズから選びたい人
  • 体形が気になる人
料金(税込)定価66,880円
最安販売は49,984円 Yahoo(2024.4月)
サイズレディース25、メンズ26サイズから選べる(セミオーダー)
デザイン男女15カラーから選べる
メリット・サイズ豊富でフィット、保温性が高い
・スーツメーカーの信頼度が高い
・首から水の浸入を軽減
・自分好みのオプションが選べる
フルサイズオーダーも作れる
デメリット・既製品の料金としては安くはない

「World Dive」はスーツメーカーの代表的なブランドです。豊富な既製品サイズからフィットするスーツを選べ「セミオーダー」と言われ、サイズが合わない人もフルオーダーで作ることもできます。保温性の高いフィットしたスーツを選べること、料金のバランス、信頼度を考えて第1位としました。

ダイビング スーツ ワールドダイブ AW
created by Rinker

第2位 GULL READYーMADE 5mm WET SUITS(GULL)

おすすめの人
  • 寒がりな人
  • 手首・足首ファスナーがほしい人
料金(税込)定価69,300円
最安販売は50,000円楽天(2024.4月)
サイズ6サイズから選べる
デザイン男女1カラーのみ
メリット・裏生地が起毛で保温性が高い
・手・足ファスナーは着脱がラク
・首から水の浸入を軽減
・毎年デザインが変わる
デメリット・カラーが1パターンのみ
・6サイズしかない

「FIR遠赤外起毛素材」の裏生地で保温性の高いスーツです。既製品で裏起毛のスーツは少なく寒がりの方にはおすすめです。手首・足首ファスナーは着脱がしやすく便利で、料金とのバランスを考えて第2位としました。

ダイビング スーツ GULL READYーMADE 5mm WET SUITS
created by Rinker

第3位 BCROS-ι「ビクロス イオタ」(Bizm)

おすすめの人
  • シンプルなスーツがいい人
  • フィット感がほしい人
  • 豊富なサイズから選びたい人
料金(税込)定価49,500円
サイズ17サイズから選べる
デザインベース黒、ステッチ(ライン)14カラーから選べる
メリット・サイズ豊富でフィット、保温性が高い
・自分好みのオプションが選べる
フルサイズオーダーも作れる
・リーズナブルな料金設定
デメリット・ネット販売をしていない

2023年にBizmから発売の表裏ジャージのスーツ、シンプルなデザインとリーズナブルな料金設定、自分好みでオプションを付けられます。17サイズから選べるのでフィットしやすく、サイズが合わない人もフルオーダーもできる。料金とのバランスを考えて第3位としました。

第4位 DISCOVERY LIGHT「ディスカバリーライト」(MOBBY’S)モビー

おすすめの人
  • スーツ専門メーカーがいい人
  • フィット感がほしい人
  • 柔らかい生地がいい人
料金(税込)定価73,700円
サイズ女性15、男性21サイズから選べる
デザインポイントを18カラーから選べる
メリット・サイズ豊富でフィット、保温性が高い
・スーツメーカーの信頼度が高い
・軽量で柔らかく着心地のいい
・自分好みのオプションが選べる
・フルサイズオーダーも作れる
デメリット・既製品の料金としては安くはない
・ネット販売をしていない

「MOBBY’S」はスーツメーカーとして人気のあり、1ランク上のかわいいデザインカラーを着ている人も多くいます。軽量で着心地の良さと着脱のしやすさ、料金のバランス、信頼度を考えて第4位としました。

第5位 5.5mm Pleasant「プレザント」(アクアラング)

おすすめの人
  • リーズナブルな料金がいい人
  • 丈夫なスーツがいい人
  • 手首・足首ファスナーがほしい人
料金(税込)定価77,000円
最安販売は24,500円 Yahoo(2024.4月)
サイズ女性4、男性6サイズから選べる
デザイン男女1カラーのみ
メリット・丈夫で破れにくい
・5.5㎜と厚く保温性はある
・手・足ファスナーは着脱がラク
・ネット料金はリーズナブル
デメリット・レンタルでよく使われる
・カラーが1パターンのみ
・サイズが少ない
・生地が硬くなりやすい

5.5㎜の保温性のある丈夫なスーツ、ネット料金はリーズナブルで着ているダイバーも見かけます。ただレンタルとしてよく使われていることもあり、カラーも同じなので、レンタルのように見えてしまうのが残念で第5位としました。

ダイビング スーツ 5.5mm Pleasant(アクアラング)
created by Rinker

第6位 5mm FULL BASIC 2(HeleiWaho)ヘレイワホ

おすすめの人
  • リーズナブルな料金がいい人
  • 手首・足首ファスナー付きがいい人
料金(税込)定価34,650円
最安販売は23,800円 Amazon・楽天(2024.4月)
サイズ4サイズから選べる
デザイン男女1カラーのみ
メリット・手・足ファスナーは着脱がラク
・内側に縫い目がなく着心地いい
リーズナブルな料金設定
デメリット・レンタルでよく使われる
・カラーが1パターンのみ
・サイズが少ない
・生地が破けやすい

リーズナブルな既製品スーツは数多くありますが、このスーツは量販店AQROSのオリジナルでリーズナブルさと着心地の良さがあります。サイズが4パターンと少なくフィット感は望めませんが、温かいシーズンに着るならいいと思います。料金を重視する人におすすめのスーツとして第6位としました。

ダイビング スーツ HeleiWaho 5mm FULL BASIC 2
created by Rinker

モンツキくん

自分好みのスーツは決まりましたか?

>目次へ戻る

ワールドダイブ、モビー、GULLなどのメーカーで人気があるのはどれ?

ナカモトくん

ダイバーに人気があるメーカーってどれかな~?

沖縄でスーツのシェアを調査してみました。

沖縄での調査は仕立て専門店のスーツが多く、次にメーカーのスーツという結果になりました。

暖かい時期で3~5㎜のフルスーツや2~3㎜の2ピースなどいろんなスーツを着ています。

沖縄で潜るダイバーのスーツは主に3パターンに分かれます。

沖縄ダイバーのスーツパターン
  • 沖縄メインの人⇒仕立て専門店
  • 地元メインの⇒スーツ専門メーカー
  • リゾートダイバー⇒ネット購入できるメーカー

どのダイバーが多くいるかでスーツメーカーも変わってきます。

5㎜のウエットスーツで言えば、おすすめ6選のスーツは信頼できるメーカーであり、それぞれに特徴もあるので自分好みのスーツを選べばいいと思います。

モンツキくん

レンタルなどで使ってみて、フィット感や使いやすさを見つけることも大切ですね。

>目次へ戻る

ワンピースと2ピースはどっちがいい?

ナカモトくん

2ピースも気になるな~

2ピースはワンピースに比べて保温性があり、できるダイバーみたいに見えますが、初めて買うスーツはワンピースをおすすめしています。

暖かい海でダイビングするなら、体が動かしやすく、既製品も多く、リーズナブルに買えるからです。

■ワンピースと2ピースの比較

スーツワンピース2ピース
着やすさ着やすい着づらいスーツもある
動きやすさ動きやすい動きにくい
既製品多い少ない
暖かい海3㎜・5㎜で快適3㎜で快適
寒い海インナーが必要5、6.5㎜で潜れる
料金リーズナブル少し高価

初めて買うスーツで2ピースを選ぶ人は少ないです。

2ピースはワンピースを着た人が2枚目として買うことをおすすめしています。

2枚目を買うときには、保温性や自分に合うスーツもわかり、種類を選びやすくなるからです。

モンツキくん

まずはワンピースを着てダイビングを楽しむといいよ!

>目次へ戻る

失敗しないスーツサイズの選び方

ナカモトくん

体形が気になるけど既製品でもいいかな~?

既製品のサイズは4~26種類とメーカーによって違います。

サイズの種類が少ないと選びやすいですが、スーツ選びを失敗することもあります。

既製品スーツサイズの種類
  • 種類が少ない⇒標準サイズのみ
  • 種類が多い⇒体形のバリエーションが多い

既製品のスーツを選ぶときは自分の体形にフィットするかをチェックする必要があります。

大きすぎるスーツは大量の水が入り、体の保温ができないからです。また、小さすぎると胸が圧迫されて息苦しく、着脱しにくくなるからです。

失敗しない3つのサイズチェックをしましょう。

体形にフィットする3つのサイズチェック

「身長・体重」でサイズを決めた後にチェック

  • 首・手首・足首はピッタリ
  • 上胸囲はゆったり(3~5㎝の余裕)
  • 気になる部分が適正範囲

必ず、3つのサイズをチェックをして選ぶ

気になる部分がある人はサイズの種類が多いメーカーから選ぶことをおすすめします。

サイズの種類が多いと同じ身長でも体重やおなか、お尻、腕や足サイズのバリエーションがあるからです。

モンツキくん

既製品のサイズが不安な人はフルサイズオーダーでも作れるよ!

>目次へ戻る

フルオーダースーツは1ランクアップしたスーツ

ナカモトくん

フルオーダースーツのメリットも知っておきたいな~!

フルオーダーは既製品と比べると1ランクアップしたスーツです。

自分のサイズに合わして作れるのはもちろん、生地やデザインを変えたり、オプションをつけて快適さをアップグレードできるからです。

フルオーダーのメリット
  • 着心地をよくする⇒採寸後に、腕、太もも、胸など2~3㎝ゆったり作れる
  • 寒いのが苦手⇒表スキン・裏起毛生地で作れる
  • 首の締めが苦手⇒首元にファスナーを付けられる
  • デザイン⇒自分のイメージで作れる

採寸の手間、3週間~1ヵ月の製作期間、料金アップというデメリットもありますが、2着目や2ピースを作るならフルオーダースーツはおすすめです。

フルオーダーはどこで作ればいいの?


ダイビングショップや量販店で作れます。約10分で採寸ができ、どんなスーツにしたいかを一緒に考えていきます。都市型ショップや量販店ではスーツメーカー現地リゾート型ショップではスーツ仕立て専門店で作ることが多いです。

スーツメーカーとスーツ仕立て専門店の違いは料金とデザインです。仕立て専門店はメーカーではないのでメーカーの既製品と同等の料金でつくれます。デザインはスーツメーカーのデザインから選び、仕立て専門店では自由にデザインや生地を選べます。

モンツキくん

2着目のスーツを買う場合は信頼できるダイビングショップでフルオーダースーツを相談してみよう。スーツのタイプ、生地の厚みや種類、フィット感を重視して「高すぎない」スーツを作りましょう。

>目次へ戻る

スーツの寿命と値段の考え方

スーツは体形が変わらないと10年でも着ることは可能ですが、着脱のしやすさは違ってきます。

スーツは年間の使用回数で寿命も違いますが、使わなくても経年劣化で硬化してくるからです。

スーツの平均寿命
  • インストラクター⇒年間500本で約2年で修理が必要
  • ゲスト⇒年間100本でも5年は着られるが着脱しづらくなる

特に初めて買うスーツはブーツやグローブと同様に消耗品という考えで購入する必要があります。

体形にフィットするスーツだからと言って10万円以上もするスーツを購入することはおすすめできません。

素材の硬化や体形の変化で、せっかく買った高価なスーツも着れなくなることがあるからです。

モンツキくん

おすすめのスーツは多くの中から高価すぎず、自分に合うサイズ、品質を考えて選んでいます。

>目次へ戻る

スーツの下に着るインナーの選び方とおすすめ

スーツの下に着るインナーはとっても大切です。

インナーは主に3パターンあり、気候や水温によって変わるからです。

ナカモトくん

スーツだけだと寒い時期はどんなインナーがいいのか教えて~!

ラッシュガード

暑い日にスーツのままで陸にいると熱中症になる危険もあります。スーツの上半身を脱ぐと濡れたラッシュガードで体を冷やせて熱中症対策になります。UVカットの生地なら日焼け防止にもなりますが、保温効果はありません。

ラッシュガードのおすすめ
  • 暖かい気候に着るインナー
  • 日焼け防止になる
  • 熱中症対策になる
  • スーツの着脱がしやすい
ダイビング AQA UVラッシュガードロング
created by Rinker

フードベスト

寒い気候に着るインナー、フードベストは2~3㎜の厚みで体と頭の保温ができます。裏生地が起毛になっているとさらに保温効果が高まります。

体の保温で大切なのは?

体温が一番失われるのは頭です。体温の約1/3は頭から奪われます。皮膚が薄く、脂肪がないからです。フードをかぶるだけでも体の保温効果は高まります。

フードベストのおすすめ
  • 寒い気候に着るインナー
  • フードは体の保温効果が高い
  • スーツをフィットさせ保温を高める
  • 腕がフィットしていても着られる

髪の長い人はフードの中に髪をまとめにくいことやファスナーのないフードベストは着脱しにくいというデメリットもあります。

ダイビング GULL FIRフードベスト
created by Rinker

保温性のあるインナー

保温性のあるインナーは上半身を保温する長袖や下半身を保温するロングパンツがあります。ラッシュガードよりも厚く、1~2㎜の断熱性のある生地でかなり保温効果があり、フードベストと重ね着もできます。

保温性のあるインナーのおすすめ
  • 寒い気候に着るインナー
  • 断熱性の生地で保温効果が高い
  • スーツをフィットさせ保温を高める
  • フードベストと重ね着もできる

スーツサイズに余裕がないと着にくいことや料金が高いというデメリットはあります。

ダイビング SURF GRIP エアースキン長袖フロントジップ
created by Rinker
ダイビング SURF GRIP エアースキンロングパンツ
created by Rinker

モンツキくん

僕も暖かいシーズンはラッシュガードを着ています。スーツが着やすく、快適に体を冷やすことができます。寒い時期は保温性のあるインナーにスーツ、もっと寒くなれば、保温性のあるインナー+フードベストを重ね着して潜っています。保温性のあるインナーは風を通しにくいのでとっても気に入っています。

>目次へ戻る

スーツはメンテナンスが大切

ウエットスーツは使用後にきちんとお手入れすることが大切です。

スーツは主にクロロプレンゴム(ネオプレンゴム)で作られています。時間の経過とともにスーツは硬く、縮んでいきますが、海水が残っているとさらに生地の硬化を早めるからです。

スーツを長持ちさせる方法はきちんとしたお手入れです。ウエットスーツを使った後の洗い方、干し方、保存方法を紹介します。

ナカモトくん

自分のスーツを長く使いたいなら洗い方もちゃんと知っておいた方がいいね!

洗い方

ウェットスーツは真水やぬるま湯でやさしく手洗いします。

洗濯機で洗ったり、脱水すると生地を傷めることや型くずれの原因になるからです。

洗い方のおすすめ

ファスナー部分や裏起毛の生地は特に塩分や砂が落ちにくく、つけ置きがおすすめです。

洗った後もにおいが残るスーツには「ウエットスーツシャンプー」を使ってみましょう。

■ウェットスーツ洗剤・柔軟剤 アロマウェット

ダイビングスーツ シャンプー
created by Rinker

もみ洗いすると原因菌を抑制し、いい香りが残って試す価値はあります!

スーツだけではなく、フード、ブーツ、グローブも新品のような柔軟さと心地いい香りに包まれます。

干し方

手洗いした後は、裏面のままハンガーに吊るして、風通しの良い日陰で乾かします。

直射日光は生地を傷めるので日陰で干すことをおすすめします。

乾いたら表面にして同じように乾かします。

保管方法

ハンガーに吊るし、ファスナーを閉めて保管します。

折りたたんだ状態で保管すると生地を傷めてしまうことがあるからです。

保管方法のおすすめ

太いハンガーでスーツを吊すと肩が傷みにくいのでおすすめです。

モンツキくん

スーツのお手入れはとっても簡単、きちんとしたお手入れでスーツの寿命がぐっと長くなりますよ!

>目次へ戻る

ウエットスーツ選びに迷ったらイチオシは「AW(World Dive)ワールドダイブ」

ナカモトくん

どれがいいのか迷う場合、一番おすすめのフィンはどれですか?

フィンの中で迷ったら「AW(World Dive)ワールドダイブ」を買うことをおすすめしています。

メリット
  • サイズ豊富でフィット、保温性が高い
  • 15色から好みのカラーを選べる
  • スーツ専門メーカーの信頼度がある

初心者からインストラクターまですべてのダイバーに愛されているスーツメーカー
ダイビングスーツだけに特化したWorldDive(ワールドダイブ株式会社)は常に快適なスーツを設計し、素材や縫製技術を追求し続けています。また、品質にこだわったメイドインジャパンは信頼性が高く、多くのダイバーが使用しています。

ダイビング スーツ ワールドダイブ AW
created by Rinker
モンツキくん

初めて買うウエットスーツなら、自信を持って「AW(WorldDive)」をおすすめします。

>目次へ戻る

イントラ厳選「ウエットスーツ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方のまとめ

今回は「初めて買うウエットスーツのおすすめ6選! 」というテーマを紹介しました。

まとめる前に

ダイビング経験30本までの人にしてほしいこと

私は器材を買おうか迷っている人によく言うことがあります。

  • 「ダイビングを続けたい!」と決めたときに買う。
  • 「ストレスを感じている器材」「ほしい器材」の順で買っていく。
  • ダイビング経験20~50本で少しずつ買い揃えていく。

ダイビング経験30本までの人には、いろいろなメーカー、種類の器材を試しながらダイビングをしてほしいです。

同じ器材ばかりを使っていると良さが比べられません。

いろいろと使ってみると「これいい感じ~!」と実感できる器材と出会えるかもしれません。

ショップは数種類のタイプを置いていることが多いので、リクエストしてみましょう。

「おすすめ器材」は 1人のインストラクターの検討した結果の意見ですが、少しでもダイバーの参考になればうれしいです。

まとめ

イントラ厳選「ウエットスーツ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方

  • スーツは体を守る3つの役割がある
  • 水温で違うスーツの種類・素材を紹介
  • ウエットスーツで失敗しない3つの選び方
    • 水温に合ったスーツを選ぶ
    • 体形にフィットしたスーツを選ぶ
    • 必要なオプションをつける
  • 初めて買う初心者におすすめの「5㎜ウエットスーツ」比較表
  • 初めて買う初心者におすすめの「5㎜ウエットスーツ」ランキング
    • 第1位 AW(World Dive)ワールドダイブ
    • 第2位 GULL READYーMADE 5mm WET SUITS(GULL)
    • 第3位 BCROS-ι「ビクロス イオタ」(Bizm)
    • 第4位 DISCOVERY LIGHT「ディスカバリーライト」(MOBBY’S)
    • 第5位 5.5mm Pleasant「プレザント」(アクアラング)
    • 第6位 5mm FULL BASIC 2(HeleiWaho)
  • ワールドダイブ、モビー、GULLなどのメーカーで人気があるのはどれ?
  • ワンピースと2ピースはどっちがいい?
  • 失敗しないスーツサイズの選び方
  • フルオーダースーツは1ランクアップしたスーツ
  • スーツの寿命と値段の考え方
  • ウエットスーツの下に着るインナーの選び方とおすすめ
  • スーツはメンテナンスが大切
  • ウエットスーツ選びに迷ったらイチオシは「AW(World Dive)ワールドダイブ」
  • ダイビング経験30本までの人にしてほしいこと

を詳しく書いています。

モンツキくん

今回は「初めて買うウエットスーツはどれを買えばいいの?」という声をもとに記事にしました。

今ではウエットスーツのフィット感や保温効果のいいスーツの良さをよく知っているので、既製品ではなく、スーツ仕立て専門店でフルオーダースーツを頼んでいます。

今回初めて買うウエットスーツを既製品に限定したのは、「料金、買いやすさ」を重視したためです。
フルオーダースーツは店員のおすすめで買うとあっという間に10万円コースになることもあります。
信頼できるダイビングショップがあるのなら、自分に合ったフルオーダースーツを選んでくれると思います。

既製品のスーツは初心者にとって「高価すぎない器材」から「使いやすい、丈夫さ、デザイン、フィット感」を考えた上で厳選して選んだスーツです。

「使ってみて、失敗した~」と思わないために少しでも役に立つとうれしいです!

次に「ダイブコンピュータ」のおすすめを見たい人は読んでくださいね!

「ダイビング器材の買い方」のおすすめ記事です。

こちらの記事は「器材はいつ買うの?自分に合う器材は?」を知りたい人に最適!

≫【ダイビングの教科書】買い方|タイミングからおすすめ器材を17年のイントラが解説!

【ダイビングの教科書】買い方|初心者が「買うタイミング」から「おすすめ器材」をインストラクターが解説!ダイビング器材の「買い方」を知りたい人に必見! この記事では器材購入に迷っている人が自分に合う器材を見つけるまでをまるごと学べます。 大切なことは「次はどうするの~?」と体型的に学べることです。【モンツキくんの沖縄ダイビング大学】...

>目次へ戻る

ここからは「お問い合わせ」や「一番読んでほしいブログ」などの紹介です。

モンツキくん

これまでたくさんの相談を1人1人に合った方法で解答し、ダイビングの悩みが1つでも解決できるために「お問い合わせ」を作りました。

\悩みや不安を気軽に相談してね♪/

ご相談で費用等は一切かかりません!

モンツキくん

ダイビングの始め方、スキルアップ、器材の買い方、楽しみ方を体系的に学べ、どこよりもわかりやすく解説しています。ぜひ一度読んでください!

\一番読んでほしいブログです♪/

ダイビングを体系的に学べる教科書!

モンツキくん

「モンツキくんの沖縄ダイビング大学」と「小さなお店」をまとめたリンク集になっています。

\関連ページが探しやすい♪/

これ1本で見やすくて便利!

>目次へ戻る

ABOUT ME
モンツキくん
はじめまして、モンツキくんです。36才で会社を辞め沖縄に移住、ダイビングインストラクターになって18年「小さなダイビングショップ」をして海を案内しています!コンセプトは中立的な立場でダイビングの経験をまとめて、1人でも役に立てるようにブログを始めました。みなさんよろしくお願いします。(^o^)
関連記事
買い方

【ダイブコンピュータ】Suunto(スント)D5のレビュー!カラー表示で選ぶならおすすめ

2023年1月27日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
最近、カラー表示のダイブコンピュータをチラホラ目にすることがあります。 「初めて買う」初心者にカラー表示のダイブコンピュータで一番お …
買い方

【2024年】イントラ厳選「マスク」女性におすすめの5選|初めて買うダイビング器材の選び方

2021年10月27日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めて買うダイビング器材と言えば「マスクとシュノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類が …
買い方

【2024年】イントラ厳選「レギュレーター」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年3月31日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
最後に買うダイビング器材と言えば重器材、「レギュレーター」は快適な呼吸をする上で、とても大切な器材ですね! ナカモトくん ランキング …
買い方

【2024年】イントラ厳選「ブーツ」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年1月11日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
最初に買うダイビング器材と言えば軽器材、「ブーツ」はフィンと一緒に選んでほしいですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめして …
買い方

【2024年】イントラ厳選「シュノーケル」女性におすすめの3選!初めて買うダイビング器材の選び方

2021年11月29日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めに買うダイビング器材と言えば「マスクとシュノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類が …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA