買い方

【初心者必見】ダイビングの器材料金はレンタル何回分になる?を検証!

モンツキくん

はじめまして、モンツキくん(@montsukikun)といいます。現在、沖縄に住みダイビングインストラクターとして16年、「小さなダイビングショップ」を自営していつも海を案内してま~す!

  • レンタルと器材購入はどちらがお得なの?
  • レンタル料金がもったいなく思えてきた~!
  • 器材購入のベストな時期はいつなの?

とダイビングの器材は安い買い物じゃないのでしっかりと考えたいですよね?

レンタルと器材購入はどちらがお得?と料金に対しての損得を考えている方はたくさんいます。

そこで、モンツキくんが16年間インストラクターとして培った経験から伝えたいことをまとめました。

この記事では、
実際にお客様へのアドバイスで喜んでもらえた

レンタルと器材購入の比較検証から納得して器材を買うタイミング

をどこよりもわかりやすく紹介していきます。

この記事を読めば、
レンタルと器材購入の料金比較がわかる上に、損しない器材購入のタイミングや買い方がわかるようになります。

モンツキくん

実際にたくさんのお客様にも喜んでもらえたよ!

<沖縄生まれ《シワ改善》×《シミ・美白》>

コスパがとても良く、これ1本で悩み解決!

ダイビング器材はいきなり買わない

ダイビング器材はたくさんのメーカー、たくさんの種類があるって知ってますか?

自分に合った器材を納得して買うためには

ダイビング器材はいきなり全部買わない方がいいです!
最初はレンタルで器材を知ることが重要です。

お客様から「最初に全部買って失敗した~」って聞くことがあります。

「どうしてですか?」とたずねると

「すすめられるがまま買ったから」「ローンを組んでまで買ったから」と言われることが多いです。

その真意は、

「自分がまだ器材についてよくわかってない状況で、すすめられるがまま全部買ったので料金や器材に後悔している」

ということだと思います。

では、どうすればよかったの?

「自分に合う器材をアドバイスしてもらいながら選んで、ほしい物から少しずつ買っていく」

という風にすれば後悔せずに納得して器材を増やしていけます。

ショップですすめられる器材は悪くはないと思います、というより初心者には高価すぎるものをすすめられることもあります。

自分に合う器材の見つけ方
  • みんなが使っている器材を見てみる
  • 気になる器材を試着する
  • アドバイスをもらう

ここまですると納得いく器材が見つかります。

ダイビング器材のおすすめの買い方
  • 買うタイミングは?

    「これからもダイビングを続けたい!」と決めた時がいいです。
  • 何から買えばいいの?

    最初に「ストレスを感じて困っている器材」から買うこと
    次に「自分の欲しい器材」から買っていくようにしましょう。

一度に全部買わずに、少しずつ増やしていくとその度に使う「うれしさと楽しさ」が味わえます。

モンツキくん

自分に合った器材は使い心地もよくてダイビングのストレスがなくなるよ!

目次へ戻る

ダイビング器材料金はフルレンタル何回分になる?を検証

「毎回レンタル料金を払うのはもったいない!」と思ったりしませんか?

「今回はフルレンタルを何回すると器材を買えるのか?」をシュミレーションしてみました。

初心者におすすめする器材の料金として

  • 軽器材(マスク・スノーケル・ブーツ・フィン・グローブ)5万円
  • 重器材(レギュレーター・BC・メッシュバック)25万円
  • スーツ(5ミリワンピース)5万円、またはスーツ(ドライスーツ)24万円

    としての合計を計算すると
  • スーツ(5ミリワンピース)の合計 35万円
  • スーツ(ドライスーツ)の合計 54万円

実際、初心者におすすめする器材であればこの料金内で収まると思います。

現地リゾート型(沖縄)のスーツ(5ミリ)の場合は

器材購入の料金 =70日フルレンタル(140~210回)

器材購入の料金35万円、 1日フルレンタル5千円(2~3ダイブ)にて算定

都市型(東京)のスーツ(ドライスーツ)の場合は

器材購入の料金 =67.5日フルレンタル(135回)

器材購入料金54万円、 1日フルレンタル8千円(2ダイブ) にて算定

みなさんはどう思いますか?

「100回以上ダイビングはしない!」と断言するならレンタルがお得ということになりますね!

でも、ここからが本題です!

「これからもダイビングを続けたい!」と思うまではレンタルでいいです。

でも、たくさん潜ってから器材購入するのは費用の面で少しもったいない気がしますよね?

「具体的に買うタイミングはいつがいいの?」というと

20回くらいから少しずつ買い始めて、50本で全部揃えていくのがおすすめです。

誰でも20回で基本スキルができるようになってくるのでダイビングが楽しくなり、50回で自由に潜れるようになっていくからです。

ダイビング経験が50回は早い人ならダイビングを始めて1年くらいですね!

50回潜るとフルレンタルの料金は

  • 現地リゾート型(沖縄)8.3~12.5万円
  • 都市型(東京)20万円

都市型(東京)を見るとビックリします。「フルレンタル料金も積もれば山となる」ですね~
だから、都市型(東京)は器材を早く購入する人が多いのかもしれません。

モンツキくん

レンタル料金がもったいなく感じる方はもう少し早く購入してもいいかもね!

目次へ戻る

ダイビング器材を買うメリット・デメリット

ダイビング器材を買っていくことのメリットとデメリットを紹介しますね。

ダイビング器材を買うメリットとデメリット

メリット

  • 自分にフィットしていて使いやすい
  • 機能が使いやすいと上達が早くなる
  • レンタル費用の削減になっていく
  • どれを買うか選ぶことが楽しい
  • 自分の器材をつけて潜るのが楽しみ

デメリット

  • 早くやめると費用がもったいない
  • 持って行くのがしんどい
  • 高価な器材もあるのでお金がない

最大のデメリットは「ダイビングを早くやめると費用がもったいない」ですね~

なので、買うタイミングは「これからもダイビングを続けたい!」と決めたときなんです!

「ダイビング器材を買う」のはメリットがいっぱいなんです!

モンツキくん

買うのをためらっている方も、まずは1つ買ってみましょう!

目次へ戻る

フルレンタルし続ける人はどんな人?

ナカモトくん

レンタルでずっとダイビングを続ける人はいないの?

モンツキくん

「これからもダイビングを続けるよ」という人でもフルレンタルでやる方もいます。

どんな人かというと

フルレンタルでし続ける人の理由
  • 年に数回のリゾートダイバー
  • 荷物を少なくしたい
  • 買うよりもトータル安い

リゾートダイバーの方は年に1~2回のダイビングで十分、ラクに楽しみたいと思っています。

ダイビング器材を持っていくよりレンタルの方が荷物はラクですから。

年に10回のダイビングで10年やっても100回だから買うよりまだ安いよね~

モンツキくん

ダイビングはその人に合ったスタイルで楽しめばいいと思うよ!

目次へ戻る

フルレンタル以外を早めに購入するという考え方

フルレンタルとはダイビング器材一式を借りるということですよね?

ショップではフルレンタルを借りることができますが、それ以外はレンタルしていないこともあります。

ナカモトくん

フルレンタル以外って何があるの?

フルレンタルには含まれないもの
  • ダイブコンピュータ
  • 水中カメラ
  • 水中ライト

になります。

フルレンタル以外のものを早めに購入するというのも考え方の1つです。

なぜなら、マスク1つ購入してもフルレンタルの料金は変わりません。

  • 個々のレンタル料金なら合計6千円

    軽器材 2千円
    重器材 2.5千円
    スーツ 1.5千円
  • フルレンタルなら5千円

フルレンタルは割引して安く借りられることが多いからです。

フルレンタル以外は借りられなかったり、借りれても別料金がかかります。

ダイブコンピュータや水中カメラ、水中ライトに興味がある方は器材よりも先に購入しています。

  • ダイブコンピュータ

自分の安全を守るために必須です。
最初はインストラクターと同じ水深を潜っていれば大丈夫ですが、できるだけ早めに自分で持ち、自分で安全管理ができるダイバーになりましょう!

  • 水中カメラや水中ライト

ダイビングをより楽しむために多くのダイバーが持っているものです。
水中写真を楽しみたい方はライセンスを取ってすぐに水中カメラを始めています。
ディープや地形ダイビングが好きであれば水中ライトは必須のアイテムですよ!

モンツキくん

自分の欲しいものから買えばいいのですが、ダイブコンピュータを始めに買う方も多いですよ!

目次へ戻る

【初心者必見】ダイビングの器材料金はレンタル何回分になる?を検証のまとめ

今回は「【初心者必見】ダイビングの器材料金はレンタル何回分になる?を検証!」
というテーマを紹介しました。

まとめ
  • ダイビング器材は自分がまだよくわかってない状況でいきなり買わない
  • 現地リゾート型(沖縄)の場合は器材購入の料金 =70日フルレンタル(140~210回)
  • 都市型(東京)の場合は器材購入の料金 =67.5日フルレンタル(135回)
  • 買うタイミングは20回くらいから少しずつ買い始めて、50本で全部揃えていく
  • ダイビング器材を買うメリットとデメリットを紹介
  • フルレンタルし続ける人は年に数回のリゾートダイバーに多い
  • フルレンタル以外を早めに購入するという考え方もある
モンツキくん

今回は「ダイビング器材をいつ購入するのがいいの?」と「ずっとレンタル料金を払うのはもったいない!」という声をもとに記事にしました。
1円でも損しないようにするには「すぐに全部器材を買う」ことですが、自分に納得のいく器材を見つけるには「ある程度の知識と経験」が必要になります。
なので、記事では「具体的に買うタイミングは20回くらいから少しずつ買い始めて、50本で全部揃えていく」とおすすめしました。
私自身は10回で器材を全部買ったので、どの器材が自分に合っているのかも知らずに買って、あとで「あのスーツの方がいいな~?」と思ったこともあったなぁ~

≫わからないことがあれば気軽に[お問い合わせ]してね~!

モンツキくん

僕のアドバイスでこれからもダイビングを楽しめたらとってもうれしいです!(^o^)


ダイビングをやってみたい!「始め方から楽しみ方、器材の買い方、スキル克服まで丁寧に完全解説」している記事を是非読んでみてください!↓

≫【超初心者】ダイビングの始め方・買い方・楽しみ方を丁寧に完全解説

≫詳しいプロフィールをみる

Twitterでは記事配信や「今の沖縄の海」を書いています。「フォロー」してくれるとうれしいです!

≫Twitterをフォローする

https://twitter.com/montsukikun

「沖縄ダイビング大学ブログ」と「小さなお店」をまとめたリンク集です。気軽にみてください!

≫Lit.Linkリンク集

ABOUT ME
モンツキくん
沖縄に住みダイビングインストラクターとして16年、「小さなダイビングショップ」を自営していつも海を案内してま~す! 普段は海に潜ったり、子供と遊んで楽しんでます! 36才からダイビングを始めて「一生の仕事にしよう!」と日々頑張ってます。 みなさんよろしくお願いします。(^o^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA