買い方

【2024年】イントラ厳選「フィン」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

本記事のリンクには広告が含まれています

初めに買うダイビング器材と言えば軽器材、「フィン」は泳ぐスキルでとても重要です。

ナカモトくん

ランキング記事でおすすめしている器材は種類がたくさんあって、「自分に合う器材はどれなの?」ってなるよ~

おすすめの器材はダイビングの経験、性別、筋力などで変わります。

この記事では「初めて買う」初心者におすすめの器材を厳選してランキングにしています。

初めて買う人にとって重要なことは自分に合う器材を見つけることです。

実際に、18年間のインストラクター経験から

  • 見たり、使用して比較
  • メーカーに意見を伺い
  • 中立な立場で本当にいいと思う器材

を紹介しています。

この記事では、自分に合う器材を見つけるだけでなく、選び方や使い方のコツまで紹介しています。

フィンで失敗したくない人はぜひ、最後まで読んでみてください。

\おすすめのランキングをすぐに見たい!/

こちらの記事は「初心者におすすめのブーツ」を知りたい人に最適!

≫イントラ厳選「ブーツ」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

モンツキくん

初めて買う人にとって本当にいいと思ったフィンを厳選しておすすめしています。高機能だけど高い、ただ安いだけのフィンの紹介じゃないよ。

今年のフィンメーカーの傾向

ナカモトくん

今年は新しい機種が出たの~?

各メーカーを昨年と比べてみると、NEWモデルの開発よりも、製品の質を上げていってるように感じます。

主力モデルは新色カラーでイメージチェンジを図っています。

■今年モデル/昨年との比較

メーカー種類料金品質カラー備考タイトル
GULL同じ一部値上げ
3%
同じ各タイプ
1~5新色
MEWフィン
誕生から40周年の
ロングセラー
詳細を見る

アクアラング
同じ同じ同じ同じapeksメーカーも
カタログに追加
詳細を見る

TUSA
3つ追加値上げ
4~5%
フィット感
ストラップ
を改良
3タイプ
1~2新色
ストラップフィン
に力を入れている
詳細を見る

Bism
1つ減少値上げ
13%
同じ同じ1種類のみになった詳細を見る

料金ではGULL、TUSA、Bism値上がりしています。

TUSAはストラップフィンの新作、リニューアルを含め3つ製作し、パーツ交換でいろんなフィンにカスタマイズできるように作られている。

モンツキくん

ダイビング業界がもっと盛り上がれば、新しい機種がでてくるんだけどね!

>目次へ戻る

フィンのタイプを紹介

フィンには2つのタイプがあります。

  • フルフットフィン
  • ストラップ(オープンヒール)フィン

それぞれに特徴があり、ダイビングスタイルによってタイプも変わってきます。

基本的にボートではフルフット、ビーチではストラップを使うことが多いです。

フルフットフィン

素足やソフトブーツを履いて使うタイプです。

ボートダイビングや沖縄などのリゾート地で多く使われています。

メリット

  • 上靴を履く感覚で足との一体感がある
  • 蹴り心地がいい
  • 蹴った力がダイレクトに伝わる


デメリット

  • ハードブーツでは履けない
  • サイズの調整ができない

おすすめの人
  • ボートダイビングをメインにする人
  • 蹴り心地のいいフィンがほしい人

フルフット好きはビーチでも使う

フルフットの蹴り心地が好きな人はビーチでもソフトブーツ+フルフットフィンで潜ります。ゴツゴツしたビーチでなければ滑り止めのあるソフトブーツでも歩けます。

ストラップ(オープンヒール)フィン

ハードブーツを履いて使うタイプです。

ゴツゴツしたビーチダイビングやドライスーツで多く使われています。

メリット

  • ストラップで足サイズの調節ができる
  • ハードブーツはゴツゴツした所も歩ける
  • 着脱しやすく、持ちやすい


デメリット

  • ソフトブーツではフィットしない
  • フルフットフィンより重い

おすすめの人
  • ビーチダイビングをメインにする人
  • ドライスーツを着る人
ナカモトくん

どちらのフィンがおすすめなの~?

「どちらが好み?」と聞かれたら

フルフットフィンと答えます。ストラップフィンはオールマイティーの良さがありますが、やっぱり一体感のある、蹴り心地のいいフルフットフィンが好きですね!

モンツキくん

スタイルによってタイプが変わるので、ダイビングを続けていくと両方のフィンとブーツを持っている人も多いですよ。

>目次へ戻る

フィンで失敗しない3つの選び方

失敗しないフィンの選び方を3つ紹介します。

  • どんなダイビングがしたい?
  • 脚力に合うフィンを選ぶ
  • 「ビーチ・ボート」どっちで潜る?

失敗しない選び方はフィンの性能よりも自分に合うフィンを見つけることです。

脚力に合わないフィンは足を痛めたり、疲れてエアーの消費が大きくなるからです。

ナカモトくん

疲れやすかったのはフィット感やフィンの硬さが合ってなかったのかも?

どんなダイビングをしたい?

失敗しないフィンの選び方では「どんなダイビングをしたい?」をまず考えます。

シチュエーションによってフィンの硬さや長さが違ってくるからです。

シチュエーションによるおすすめ
  • ゆったり、水中写真がメイン
    柔らかい、短かめのフィン
  • 地形を泳ぐ、ドリフトがしたい
    弾力のある硬さ、長めのフィン

ゆったり潜ったり、水中写真を撮る時は推進力より小回りのいいフィンが向いています。長いフィンはサンゴを蹴ったり、砂を巻き上げたりと扱いが難しいからです。

泳ぎをメインにしたいなら推進力を優先する弾力のある長めのフィンが向いています。

シチュエーションによって、フィンの硬さや長さを決めていきましょう。

脚力に合うフィンを選ぶ

失敗しないフィンの選び方では自分の脚力に合うフィンを選ぶことが重要です。

脚力によってフィンの材質や硬さが違ってくるからです。

初心者でも年齢、性別、筋力の違いはあります。脚力に自信がない人ほどフィン選びは重要になってきます。

脚力に自信がない人におすすめ
  • 短くて柔らかい⇒キックしやすい
  • 軽い⇒疲れにくい
  • しなりやすい⇒自転車こぎにならない

脚力に自信がない人でもフィンキックは上達します。

ラバー(ゴム)はラクに蹴り下ろせるメリットがある

ラバー(ゴム)製はプラスチック樹脂よりも重いですが、ラバーの重さを利用することで、蹴り下ろす脚力を減らせて、楽に蹴れるメリットがあります。重すぎると疲れやすくなるのでバランスの合った重さのラバーを選びましょう。

脚力に自信がある人におすすめ

ラバーやウレタン製で弾力のある硬さ、長めのフィン

瞬発力がほしい人におすすめ

ラバーやプラスチック製で弾力のある硬さ、短めのフィン

自分の脚力によって、フィンの材質や硬さを決めていきます。

「ビーチ・ボート」どっちで潜る?

失敗しないフィンの選び方では「ビーチ・ボート」どちらをメインにするかを考えます。

スタイルによってフィンの種類を考えるからです。

スタイルによるおすすめ
  • ボートメイン⇒フルフットフィン
  • ビーチメイン⇒ストラップフィン

フルフットはフィット感がよくて、蹴った力がダイレクトにフィンに伝わりやすいため、ボートメインの人にはおすすめしています。

ゴツゴツしたビーチを歩く人は安全なハードブーツを履いてストラップフィンがおすすめです。ストラップフィンはドライスーツでも使えるというメリットもあります。

スタイルによってフィンの種類を決めていきます。

モンツキくん

「どんなダイビングをしたい?」、自分の脚力、「ビーチ・ボート?」どっちがいい?と考えると自分に合うフィンがわかってくるよ!

>目次へ戻る

初めて買う初心者におすすめの 「フィン」比較表

「フィンキックが上達したい!」と思う初心者におすすめの「フィン」は「高価すぎない器材」から厳選して比較しました。

ナカモトくん

どんなフィンがおすすめなの~!

モンツキくん

フィンはフルフット、ストラップ、ドライ用のフィンと用途に応じて種類も変わります。

画像名称(メーカー)2023年の
ランキング
タイプ料金(税込)サイズ
(ブーツ利用)
(ブーツ24㎝)
を基準にした
参考サイズ
材質長さ重さ硬さ脚力キックスタイルカラー公式ページ
MEW
ミュー

(GULL)
1位ーフルフット17,600円XS~XL
(22~28)
6サイズ
M(24~25)ラバー550㎜750g柔らかいない人蹴り心地がいい主にボート10色詳細を見る
WARP FIN
ワープフィン

(GULL)
2位ーフルフットS・M31,900円
L・XL33,000円
S~XL
(22~28)
4サイズ
M(24~25)ラバー630㎜900g黒・白 硬い
その他 柔らかい
ある人蹴り心地がよく
推進力がある
主にボート5色詳細を見る
SUPER MEW
スーパーミュー

(GULL)
3位ーフルフット23,100円XS~XL
(22~27)
5サイズ
M(24~25)ラバー600㎜1045g少し硬いある人推進力がある主にボート11色詳細を見る
MEW CYPHER
ミューサイファー

(GULL)
ストラップ
のおすすめ
ストラップ18,700円S~L
(22~28)
3サイズ
S(22~24)ラバー507㎜877g柔らかいない人快適にキックできるビーチ・ボート11色詳細を見る
RK3 FINS
RK3フィン

(apeks)
ドライスーツ
のおすすめ
ストラップ24,200円S~XL
(22~28)
4サイズ
M(24~26)TPE素材
(プラスチック加工)
485㎜1050硬いある人ドライでは
取り回しがいい
ビーチ・ボート4色詳細を見る

フィンの長さ・重さはブーツ(24㎝)を基準に記載

フィンに合うブーツのおすすめを読みたい人は見てください!

モンツキくん

フィン選びで大切なことは自分に合うフィンを見つけることです。自分の気になる項目を比べてみよう!

>目次へ戻る

初めて買う初心者におすすめの 「フィン」ランキング

フィンの料金は通常定価1.6~4.2万円(税別)、多くは1.6~2.2万円になります。

「初めて買う器材」は「高価すぎない器材」からできるだけ厳選しておすすめしています。

高価なものほど高性能な機能がついていますが「性能と料金のバランス」を検討した上でランキングにしています。

モンツキくん

初心者にぜひ履いてほしいフルフットフィンをランキングにしました。ストラップフィンやドライスーツ用のフィンはおすすめを紹介しています。

ランキング順に特徴を紹介していきます。

ナカモトくん

自分がほしいフィンが分かってきたよ、ランキングを参考にしてみよう!

第1位 MEW「ミュー」(GULL)

おすすめの人
  • ボートがメインの人
  • 脚力に自信のない人
  • 蹴り心地がいいフィンを履きたい人
  • 水中写真をしたい人
料金(税込)定価17,600円
最安販売は14,080円 楽天(2024.4月)
メリット・短くて柔らかくキックしやすい
あおり足のキックがしやすい
・ラバー最軽量で疲れにくい
・しなりやすく自転車こぎしない
デメリット・ゴツゴツのビーチに不向き
・素足とブーツでサイズがかわる

私も長年愛用していますが、フルフットフィンではロングセラーの人気NO.1フィンです。脚力に自信がない人もフィンキックがしやすく、あおり足のキックもしやすいです。疲れを感じない重さで初心者にやさしく、ゆったり潜る人や水中写真をする人にもおすすめです。リーズナブルな料金も踏まえて第1位としました。

ダイビング フィン MEW(ミュー)
created by Rinker

第2位 WARP FIN「ワープフィン」(GULL)

おすすめの人
  • ボートがメインの人
  • しなりを利用した推進力がいい人
  • 蹴り心地がいいフィンを履きたい人
料金(税込)定価S・M31,900円、L・XL33,000円
最安販売は27,346円 楽天(2024.4月)
メリット・しなりを利用して推進力をアップ
・MEWを長いタイプキックしやすい
・カラーにより硬さが選べる
デメリット・ゴツゴツのビーチに不向き
・素足とブーツでサイズがかわる
・料金が高価である

使いやすいMEWフィンを7~8㎝長くし、しなりを利用して推進力をアップできるのがWARPフィンです。

硬さも2パターン選べます。ユーザーの熱望から作られたWARPブランドで料金が少し高価ですが、最近人気で利用者も多く第2位としています。MEWフィンの推進力をもう少しアップさせたい人にとってもおすすめです。

ハードスペックはハードミュー、スタンダードスペックはMEW同等の硬さになっています。スタンダードスペックはソフトな蹴り心地を保ちながらも推進力をアップできます。

ダイビング フィン WARP FINS(ワープフィン) 
created by Rinker

第3位 SUPER MEW「スーパーミュー」(GULL)

おすすめの人
  • ボートダイビングがメインの人
  • 瞬発力や推進力がほしい人
料金(税込)定価23,100円
最安販売は18,480円 楽天(2024.4月)
メリット・水を捕らえやすく推進力をアップ
・水切れがよくスピーディにキック
・ブーツをしっかりフィット
デメリット・ゴツゴツのビーチに不向き
・素足とブーツでサイズがかわる
・他のフィンより蹴り心地が重い

MEWフィンの進化系で水を捕らえ、推進力をアップしたフルフットフィンです。推進力を出す工夫はありますが、MEWフィンより長く、重く、硬くなっているので脚力に自信がある人に向いています。しなりによる推進力よりもキック力による瞬発力や推進力がほしいという人におすすめです。料金とのバランスを考えて第3位にしました。

ダイビング フィン SUPER MEW(スーパーミュー)
created by Rinker

ストラップのおすすめ MEW CYPHER「ミューサイファー」(GULL)

おすすめの人
  • ビーチダイビングがメインの人
  • 脚力に自信のない人
  • フィンキックが上手くなりたい人
料金(税込)定価18,700円
最安販売は14,960円 楽天(2024.4月)
メリット・短くて柔らかくキックしやすい
あおり足のキックがしやすい
・ストラップでは軽量、疲れにくい
・しなりやすく自転車こぎしない
・フルフットのフィット感がある
デメリット・ドライスーツでは少し履きづらい

ストラップフィンでは初心者におすすめしたいNO.1フィンです。フルフットMEWをストラップフィンにしたフィンです。脚力に自信がない人もフィンキックがしやすく、あおり足のキックもしやすいです。疲れを感じない重さで、ゆったり潜る人や水中写真をする人にもおすすめです。もちろんリーズナブルな料金設定でおすすめNO.1 のストラップフィンです。

ダイビング フィン MEW CYPHER(ミューサイファー)
created by Rinker

ドライスーツのおすすめ RK3 FINS(apeks)

おすすめの人
  • ドライスーツフィンがほしい人
  • 片手でフィンを着脱したい人
料金(税込)定価24,200円
最安販売は12,650円 楽天・Yahoo(2024.4月)
メリット・フィンが短くキックしやすい
・大きなブーツも履きやすい
・スプリングストラップは片手で着脱できる
デメリット・プラスチック加工で硬く感じることもある
・やや重みがある

ドライスーツ用としておすすめしたいNo.1のフィンです。外国の方がよく利用していますが、日本人はドライスーツでよく利用します。大きなブーツポケットはブーツが履きやすく、スプリングストラップは片手で取り外しもできて便利です。フィンも短く小回りがきき、蹴りやすくなっています。もちろんリーズナブルな料金設定でおすすめNO.1 のドライスーツ用のフィンです。

ダイビング フィン RK3 FINS
created by Rinker
モンツキくん

自分がほしいフィンは決まりましたか?

>目次へ戻る

人気はGULLとTUSAどっちが評判いい?

ナカモトくん

ダイバーに人気があるメーカーってどれかな~?

ダイバーが使っているフィンでよく見かけるメーカーはGULL(ガル)TUSA(ツサ)が多いですね。

沖縄でフィンのシェアを調査してみました。

メーカーの調査ではGULL(ガル)が約8割占める結果になりました。

沖縄はボートダイビングがメインのためフルフットフィンに強いメーカーとなりましたが、伊豆でのダイビングであれば、ビーチでストラップフィンの利用も多いため、多少結果が違うと思います。

人気の共通点
  • しなりのあるラバー製のフィンが人気
  • フィット感のあるフルフットフィンが多い

9割以上のダイバーが「人気の共通点」であるラバー製のフルフットフィンを着けていました。日本人はしなりのあるラバー製、外国人はプラスチック製を好んで履きます。

メーカーによる特徴は

GULL(ガル)の特徴
  • ゴム作りの会社で天然ゴムの品質にこだわりがある
  • 豊富なカラーで毎年新色をリリース
  • 設計から製造まですべて日本製
  • 主力はMEWWARPSUPER MEWMEW CYPHERなど

ファンダイビングでは圧倒的に使われているメーカーです。

GULLはあらゆるダイバーのニーズに応えた種類のラバーフィンを出しているので、日本ではとっても人気があります。

TUSAの特徴
  • ゴムメーカーとして創業し、日本以外にも販売している
  • ラバー製よりもウレタン樹脂製を主に展開している
  • 主力はHyFlex、switch、KAILなど

ウレタン樹脂製のフィンを履いているダイバーも見かけます。

どちらのメーカーもそれぞれの特徴があり、使いやすい研究をしているいいメーカーです。

モンツキくん

レンタルで使ってみて、フィット感や蹴り心地の良さを感じるフィンを見つけることが大切ですね。

>目次へ戻る

フルフットとストラップどっちがいい?

ナカモトくん

どっちにすればいいのか選べない~?

フルフットとストラップ(オープンヒール)選びで迷う人はとっても多いです。

フィット感のあるフルフットを選びたいけど、ビーチダイビングをしたらどうしようと考えるからです。

フィンのタイプの違い
  • フルフット:素足やソフトブーツを履く、足との一体感、蹴り心地がいい、蹴った力がダイレクトに伝わる
  • ストラップ:ハードブーツを履く、足サイズの調節ができる、ビーチでも使える、着脱しやすい

ダイビングスタイルでどちらを選ぶかは違いますが、ボートメインのダイビングなら蹴り心地のいいフルフットをおすすめします。

フルフット好きはビーチでも使う

フルフットの蹴り心地が好きな人はビーチでもソフトブーツ+フルフットフィンで潜ります。ゴツゴツしたビーチでなければ滑り止めのあるソフトブーツでも歩けます。

長年ダイビングをやっていると、ドライスーツでストラップフィンを使ったり、買い替えのときにフルフットを買ったり、両方のフィンを持っている人も多いです。

モンツキくん

僕も両方のフィンを持っていますが、ボートメインのダイビングなのでほとんどフルフットフィンを使っています。

>目次へ戻る

バタ足とあおり足で使いやすいのは?

ナカモトくん

あおり足のキックをしたいけど、フィンで違うの~?

フィンキックは主にバタ足とあおり足の2パターンがあります。

まず講習でバタ足のキックを習い、ファンダイビングをするとあおり足もやりたくなります。

フィンキックの違い
  • バタ足:推進力や瞬発力を出したい
  • あおり足:ゆっくり、力を使わずに泳ぎたい

ダイビングのスタイルでメインのキックは違ってきます。

フィンキックによるおすすめのフィン

バタ足:WARPフィン、SUPER MEWなど
しなりを利用した長めのフィンや水を捕えやすいフィンは推進力が出る

あおり足:MEW、MEW CYPHERなど
短く柔らかいフィンは小回りがよく、あおり足がしやすい

あおり足のキックをしたい人には、小回りがいいMEW、MEW CYPHERのフィンをおすすめしています。

モンツキくん

実際のダイビングではどちらのキックも同じくらい使うので、フィン選びは悩みますね~!

>目次へ戻る

初心者は水中で映えるカラーがいい

ナカモトくん

カラーを選ぶのも楽しみだな~

初心者なら水中で映えるカラーのフィンがいいです。

映えるカラーはガイドがダイバーを見つける目印になるからです。

映えるカラーのおすすめ

水中で映えるカラーはパステル系のピンク、オレンジ、イエローと白色も人気もあります。

モンツキくん

パステル系のカラーは陸では派手に見えますが、水中ではとってもきれいに見えるのでおすすめです。

>目次へ戻る

フィンに合うブーツ選びも大切

フィンに合うブーツを一緒に選ぶことはとっても大切です。

フィンにブーツがフィットしないと靴ずれや足が痛くなったり、効率よくキックがフィンに伝わらないからです。

ナカモトくん

フィンのタイプによってフィットするブーツを教えて!

フィンのタイプに合うブーツ
  • フルフットフィン:ソフトブーツやソックスタイプ
  • ストラップフィン:ハードブーツ

フルフットフィンはフィンのポケットがソフトブーツ仕様になっているのでハードブーツでは履けません。

ストラップフィンもハードブーツならどれでもフィットする訳ではなく、厚底のブーツはブーツポケットに入りにくいので、実際に履けるか確認するべきです。

フィンとブーツは同じメーカーがおすすめ

同じメーカーは自社のブーツに合わしてフィンを作っているからです。フィンポケット(足を入れる所)とブーツのフィット感は重要で一番フィットするのは同じメーカーになります。

フルフットフィンは保温とケガ防止のためにブーツを履くことをおすすめしています。素足でフィンを履くとくるぶし辺りにケガをする人が多かったり、はしごを上がる時に痛かったりします。

自分のフィンに合うブーツ選びを知りたい方は読んでくださいね!

モンツキくん

フィンに合わせてブーツを一緒に買うのがいいです!別々で買うと履けなかったり、フィット感がわからないからです。

>目次へ戻る

フィンの材質を比較してみた

フィンの材質は主に3種類あります。

  • ラバー(ゴム)
  • プラスチック樹脂
  • ウレタン樹脂

材質によって蹴りやすさ、重さなどの特徴があり、自分に合う材質はどれか迷います。初めて買う人には弾力のあるラバー(ゴム)フィンをおすすめしています。

材質の比較表

材質の比較は一般的な比較で、その材質の長さ、強度、厚みでも変わります。

フィンの材質

ラバー(ゴム)
プラスチック樹脂
ウレタン樹脂
初心者におすすめ特におすすめおすすめしないおすすめ
蹴りやすさ弾力があり蹴りやすい硬めで蹴りにくい弾力があり蹴りやすい
利用者ほぼ日本人主に外国人日本人も使う
料金安い普通高い
重さやや重め軽い普通
フィンのタイプフルフット・ストラップほぼストラップほぼストラップ
デザインカラーが豊富カラーが豊富発色あるカラーが豊富

日本人の8割以上はラバーフィン

日本人は自分の脚力に合ったフィンを好み、弾力性のあるラバー(ゴム)を履く人がとっても多いです。外国人はパワーのあるフィンを好み、瞬発力や推進力のでる硬いプラスチック樹脂を履きます。ラバー(ゴム)を履く外国人はあまりいません。

モンツキくん

材質選びで迷ったらラバー(ゴム)がおすすめです。弾力があり自分の脚力に合ったフィンは疲れにくいですよ!

>目次へ戻る

フィン選びに迷ったらイチオシは「MEW」 (GULL)

ナカモトくん

どれがいいのか迷う~、結局一番おすすめのフィンはどれなの?

フィンの中で迷ったら「MEW」(GULL)を買うことをおすすめしています。

メリット
  • コスパのいい購入しやすい料金
  • キックがしやすく蹴り心地がいい
  • ラバー最軽量で足が疲れにくい

初心者からインストラクターまですべてのダイバーに愛されているフィン
軽器材に特化したGULLブランド(株式会社キヌガワ)の代名詞とも言われる「MEW」フィン。キヌガワはゴム作りの会社だけあって天然ゴムの品質にはこだわりがあり、日本人の足をベースにしたフィン作りとメイドインジャパンは信頼性が高く、多くのダイバーが使用しています。

ダイビング フィン MEW(ミュー)
created by Rinker
モンツキくん

初めて買うフィンなら、自信を持って「MEW」(GULL)をおすすめします。

>目次へ戻る

イントラ厳選「フィン」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方のまとめ

今回は「初めて買うフィンのおすすめ5選! 」というテーマを紹介しました。

まとめる前に

ダイビング経験30本までの人にしてほしいこと

私は器材を買おうか迷っている人によく言うことがあります。

  • 「ダイビングを続けたい!」と決めたときに買う。
  • 「ストレスを感じている器材」「ほしい器材」の順で買っていく。
  • ダイビング経験20~50本で少しずつ買い揃えていく。

ダイビング経験30本までの人には、いろいろなメーカー、種類の器材を試しながらダイビングをしてほしいです。

同じ器材ばかりを使っていると良さが比べられません。

いろいろと使ってみると「これいい感じ~!」と実感できる器材と出会えるかもしれません。

ショップは数種類のタイプを置いていることが多いので、リクエストしてみましょう。

「おすすめ器材」は 1人のインストラクターの検討した結果の意見ですが、少しでもダイバーの参考になればうれしいです。

まとめ

イントラ厳選「フィン」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

  • 今年のフィンメーカーの傾向
  • フィンのタイプを紹介
  • フィンで失敗しない3つの選び方
    • どんなダイビングをしたい?
    • 脚力に合うフィンを選ぶ
    • 「ビーチ・ボート」どっちで潜る?
  • 初めて買う初心者におすすめの 「フィン」比較表
  • 初めて買う初心者におすすめの 「フィン」ランキング
    • 第1位 MEW「ミュー」(GULL)
    • 第2位 WARP FIN「ワープフィン」(GULL)
    • 第3位 SUPER MEW「スーパーミュー」(GULL)
    • ストラップのおすすめ MEW CYPHER「ミューサイファー」(GULL)
    • ドライスーツのおすすめ RK3 FINS(apeks)
  • 人気はGULLとTUSAどっちが評判いい?
  • フルフットとストラップどっちがいい?
  • バタ足とあおり足で使いやすいのは?
  • 初心者は水中で映えるカラーがいい
  • フィンに合うブーツ選びも大切
  • フィンの材質を比較してみた
  • フィン選びに迷ったらイチオシは「MEW」 (GULL)
  • イントラ厳選「フィン」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方のまとめ
  • ダイビング経験30本までの人にしてほしいこと

を詳しく書いています。

モンツキくん

今回は「初めて買うフィンはどれを買えばいいの?」という声をもとに記事にしました。

ダイビングで疲れるのはキックです。

フィンが合ってないと上手くキックできなくて疲れやすく、エアーの消費も激しくなっていきます。

僕が初めて買ったフィンはフルフット「MEW」でずっと愛用しています。

ゆったり水中写真ダイビングするには大きさや蹴り心地の良さが最高フィンです。

冬はドライスーツも使うのでストラップフィンを買ったり、お店には「MEW CYPHER」、「SUPER MEW」などもあり履き心地を試したり、ゲストにも使ってもらっています。

今回は初心者にとって「高価すぎない器材」から「使いやすい、丈夫さ、デザイン、フィット感」を考えた上で選んだフィンです。

「使ってみて、失敗した~」と思わないために少しでも役に立つとうれしいです!

次に「ブーツ」のおすすめを読みたい人は見てくださいね!

「ダイビング器材の買い方」のおすすめ記事です。

こちらの記事は「器材はいつ買うの?自分に合う器材は?」を知りたい人に最適!

≫【ダイビングの教科書】買い方|タイミングからおすすめ器材を17年のイントラが解説!

【ダイビングの教科書】買い方|初心者が「買うタイミング」から「おすすめ器材」をインストラクターが解説!ダイビング器材の「買い方」を知りたい人に必見! この記事では器材購入に迷っている人が自分に合う器材を見つけるまでをまるごと学べます。 大切なことは「次はどうするの~?」と体型的に学べることです。【モンツキくんの沖縄ダイビング大学】...

>目次へ戻る

ここからは「お問い合わせ」や「一番読んでほしいブログ」などの紹介です。

モンツキくん

これまでたくさんの相談を1人1人に合った方法で解答し、ダイビングの悩みが1つでも解決できるために「お問い合わせ」を作りました。

\悩みや不安を気軽に相談してね♪/

ご相談で費用等は一切かかりません!

モンツキくん

ダイビングの始め方、スキルアップ、器材の買い方、楽しみ方を体系的に学べ、どこよりもわかりやすく解説しています。ぜひ一度読んでください!

\一番読んでほしいブログです♪/

ダイビングを体系的に学べる教科書!

モンツキくん

「モンツキくんの沖縄ダイビング大学」と「小さなお店」をまとめたリンク集になっています。

\関連ページが探しやすい♪/

これ1本で見やすくて便利!

>目次へ戻る

ABOUT ME
モンツキくん
はじめまして、モンツキくんです。36才で会社を辞め沖縄に移住、ダイビングインストラクターになって18年「小さなダイビングショップ」をして海を案内しています!コンセプトは中立的な立場でダイビングの経験をまとめて、1人でも役に立てるようにブログを始めました。みなさんよろしくお願いします。(^o^)
関連記事
買い方

【2024年】イントラ厳選「マスク」女性におすすめの5選|初めて買うダイビング器材の選び方

2021年10月27日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めて買うダイビング器材と言えば「マスクとシュノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類が …
買い方

【2024年】イントラ厳選「シュノーケル」女性におすすめの3選!初めて買うダイビング器材の選び方

2021年11月29日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めに買うダイビング器材と言えば「マスクとシュノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類が …
買い方

【2024年】イントラ厳選「シュノーケル」男性におすすめの3選!初めて買うダイビング器材の選び方

2021年12月9日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めに買うダイビング器材と言えば「マスクとスノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類がた …
買い方

【2023年】イントラ厳選「ウエットスーツ」初心者におすすめの6選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年2月4日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
軽器材を買ったら、次に買いたいのは「ウエットスーツ」、自分のスーツって着心地がいいですよね! ナカモトくん ランキング記事でおす …
買い方

【2024年】イントラ厳選「レギュレーター」初心者におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

2022年3月31日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
最後に買うダイビング器材と言えば重器材、「レギュレーター」は快適な呼吸をする上で、とても大切な器材ですね! ナカモトくん ランキング …
買い方

【水中カメラ】TG-6のレビュー!水中写真を始める初心者におすすめ、メリット・デメリット、TG‐7比較を解説!

2023年12月14日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
ダイビングを始めて少し経つと、ダイバーの約8割がカメラを持って水中の世界を楽しんでいます。 水中カメラを「初めて買う」初心者にマクロ …
買い方

【2024年】イントラ厳選「マスク」男性におすすめの5選!初めて買うダイビング器材の選び方

2021年11月30日
モンツキくんの沖縄ダイビング大学
初めに買うダイビング器材と言えば「マスクとスノーケル」が多いですね! ナカモトくん ランキング記事でおすすめしている器材は種類がた …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA